白髪染めおすすめランキング!頭皮に優しい白髪染めトリートメントの選び方・使い方

白髪染めおすすめランキング

おすすめの白髪染めと失敗しない選び方・使い方

白髪が生えてくる度に美容室へ通うのは、コスト的にも時間的にも負担が大きいですよね。

かといって、市販の白髪染めを使い続けると頭皮や髪へのダメージが心配。
そもそも白髪染めの種類が多過ぎて何を基準に選べば良いのか分からない、という女性の皆さんへ。

今回は、初めて白髪染めに挑戦する人や敏感肌の女性でも安心して使える、頭皮に優しいおすすめの白髪染めをランキング形式にてご紹介!

白髪染めの種類や選び方のコツ、効果的な白髪染めの方法も合わせてお伝えします♪

白髪染めはいつから?女性の白髪事情

「白髪が気になり出す平均的な年齢は?」
「みんな何歳位から白髪染めを始めてるの?」
etc

白髪が気になり出したら、白髪染めはいつからどのタイミングで始めたら良いのか悩みますよね。

皆、何歳位から白髪染めを始めたのか気になるところ。

そこでまず、ホットペッパービューティーアカデミーが、20~69歳の男女を対象に行った「白髪に関する意識調査2016」のアンケート結果をご紹介したいと思います。

気になる女性の白髪事情とは――!?

白髪染めをしている人の割合は?

Q.あなたは現在、白髪染めをしていますか?最もあてはまるものをお知らせください。

白髪染めアンケート1
出典:recruit-lifestyle.co.jp

上記のグラフが示す通り、白髪染めをしている人は男性が約30%に対して女性は75%

白髪染めをしている割合は、女性の方が圧倒的に多い事が分かります。

白髪が気になり出した年齢と白髪染めを始めた年齢は?

Q.白髪が気になり出した年齢と、白髪染めを始めた年齢を教えて下さい。
 また、白髪染めでのケアは何歳まで続けたいですか。

白髪染めアンケート2
出典:recruit-lifestyle.co.jp

女性の場合、白髪が気になり出した年齢は平均約41.7歳

そして、実際に白髪染めを始めた平均年齢は42.6歳という結果に!

女性の白髪発生年齢は平均35歳と言われていますが、気になって白髪染めをはじめるタイミングは40歳がひとつのターニングポイントのようです。

また、男性の場合は白髪が気になり出した年齢は約37.1歳と、女性よりも10歳程早いにも関わらず、ケアを始める年齢差は約3歳に縮まっています。
更にユニークなのは、白髪染めを続けたい年齢は男性より女性の方が高い事。

男性は白髪を気にし始めるのは早いものの、諦めるのも早いのかもしれませんね。

一方、女性の場合は白髪染めをする事を「身だしなみ」と捉えている部分が大きく、それだけ継続意向が強いと言えます。

[アンケート調査出典]
ホットペッパービューティーアカデミー「白髪に関する意識調査2016」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年7月11日~7月13日
調査対象:全国20~69歳男女計50,000人

白髪がどれくらい増えたら白髪染め?

白髪染めを始めるタイミング

白髪が生え始めると、どれくらい白髪が増えたらおしゃれ染めから白髪染めに移行すべきか悩み所ですよね。

平均的に、髪全体の1割近くが白髪になると白髪染めの始め時

例えば、髪をかき分けた際にチラ見えする数本程度の白髪や、出始めのチラホラ白髪であればまだ白髪染めをする必要はありません。

通常のヘアカラーだけで十分目立たなくなります。

もう少し増えてきたら、明るめのハイライトをランダムに入れたり、グラデーションカラーにするのがおすすめ。

カラーの方法や髪型によって白髪を目立たなくする事も出来るので、いきつけの美容室で相談してみると良いですよ。

※白髪の量に合わせた白髪染めの方法については、本記事の終盤にて詳しく紹介しています。
→白髪染めは白髪の量で選ぶ(Junmp!)

白髪染めのお悩みトップ10

では実際に白髪染めをしている女性達は、その白髪染めに満足しているのでしょうか。
白髪染め特有の悩みがあるのか気になりますよね。

ここからは、ブラザース市場調査部が30代後半以上の女性1,000人を対象に行った、「白髪染めのお悩みトップ10」を見てみましょう!

1位:髪が傷む
2位:キレイに染まらない
3位:手間と時間がかかる
4位:頭皮がヒリヒリする
5位:お金がかかる

6位:臭いが苦手
7位:色が不自然
8位:色落ちが早く、赤茶色になる
9位:液ダレで周囲が汚れる
10位:染めているのを見られたくない

白髪染めの悩みNo.1の「髪が傷む」を筆頭に、「頭皮がヒリヒリする」「臭いが苦手」など白髪染めによる刺激や使用感に悩む女性が多い事が分かります。

同時に「キレイに染まらない」「手間と時間がかかる」「お金がかかる」といった、白髪染めの手間暇・コスト面に不満を抱いている事も浮き彫りになった感がありますね。

こうしたアンケート結果から、多くの女性達が白髪染めに対して
「頭皮や髪の毛を傷める事無く、手軽にキレイに染めたい」
というニーズがある事が分かります。

[アンケート調査出典]
調査方法:インターネットによるアンケート
対象:30代後半から60代女性1,000人
調査機関:2012年1月10日~1月16日
実施元:ブラザーズ市場調査部

おすすめの白髪染めランキングTOP3

多くの女性達の「頭皮や髪の毛を傷める事無く、手軽にキレイに染めたい」というニーズに応える白髪染めとは!?

今回は口コミで人気の白髪染めの中から、おすすめの白髪染め3本を厳選。

美容コスメサイトや雑誌等の口コミ評価を元に、低刺激・白髪染め効果・色持ち・使いやすさ・コスパ等で比較!

フレグロウ編集部のオリジナルランキング形式にてご紹介します。

白髪染め選びに迷った時に参考にしてみて下さいね♪

rank1

ブランドシェアNo.1!

利尻ヘアカラートリートメント

 

白髪用利尻ヘアカラートリートメント

 

女性に人気の白髪染めおすすめランキング、第1位はTVCMでもお馴染みの「利尻ヘアカラートリートメント」

シリーズ累計販売本数1,700万本突破。

2011年より2016年まで、白髪用ヘアマニキュア・白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア第1位を連続受賞
常にトップを走り続けているベストセラーの白髪染めカラートリートメントです。

4つのイオンカラーとナノ分子カラーといった2つのカラー成分に加え、天然由来の植物色素が頭皮や髪を傷める事なく白髪を染めてくれます。

また、ネーミングにもなっている天然利尻昆布のヌルヌル成分・フコイダンなど28種の天然植物成分が、白髪を染めながらツヤ・コシのある美しい髪へと導きます。

ジアミン、パラベン未使用の無添加処方だから、敏感肌やアレルギーが気になる女性でも安心して使える白髪染めカラートリートメントNo.1です!

項目 判定/内容
白髪染め効果 ★★★★☆
色持ち ★★★★☆
使いやすさ ★★★★★
コスパ ★★★★☆
色展開 4色
放置時間 ※約10分
内容量 200g
初回特別価格 2,000円
2回目以降 3,000円
返金保証 なし

※放置時間は白髪の量や髪質等により異なります。
※表示価格は全て税別です。

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

*2つのカラー成分で美しい染色を実現
*美容成分豊富な利尻昆布エキス配合
*28種の植物由来うるおい成分配合
*ジアミン不使用
*7つの無添加処方
*敏感肌でも安心して使える
*ツンとしたニオイが無い

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

フレグロウ良い口コミ
30代敏感肌
そろそろ白髪染めをしようかと母に相談した所、普通の白髪染めは刺激が強くて抜け毛が増えるからと利尻のヘアカラートリートメントを勧められました。
私はシャンプーの後、しっかりタオルドライした髪に使っていますが4日程で目立たなくなります!
母は白髪が多いので、乾いた髪に塗った方がしっかり染まると言ってました。
ラップで巻いて30分位放置するのがコツだそうです。
白髪の量によって染め方を変えられるのも良いと思います。
フレグロウ良い口コミ
40代乾燥肌
白髪が増えてきて、自宅で手軽にできて口コミ評価の高いこちらの白髪染めを発見。
利尻昆布というのがいかにも髪に良さそうだったので試しに使ってみる事にしました。
シャンプーの後にトリートメントするだけで手軽に染まるのがウレシイ!
期待以上のトリートメント効果で髪がサラサラになりました。
おすすめです。
フレグロウ良い口コミ
50代敏感肌
年齢的なものと市販のヘアカラーを繰り返してきたせいか、白髪と抜け毛が気になっていました。
低刺激の白髪染めがないかと探していて、こちらを見つけました。
最初、シャンプー後に軽くタオルドライして使ってみたものの効果はイマイチ。
説明書を良く読むと、乾いた髪に塗った方が効果があると書いてあったので翌日はその通りに。
2回目でしっかり染まりました!
白髪と抜け毛・薄毛に悩んでいる女性におすすめです。

利尻ヘアカラートリートメントの価格

通常価格:3,000円(税別)
→初回限定価格1,000円オフ2,000円(税別)
※送料別途540円(税込)
※初めての方限定(同一世帯1回限り)
※2本セット以上購入で送料無料

 

rank2

育毛効果が期待できる白髪染め!

ルプルプヘアカラートリートメント

 

ルプルプヘアカラートリートメント

 

女性に人気の白髪染めおすすめランキング、第2位は「ルプルプヘアカラートリートメント」

医療・バイオテクノロジー分野の研究でも知られる、タカラバイオ株式会社との共同開発で生まれた白髪染めカラートリートメントです。

ランキング1位の「利尻ヘアカラートリートメント」が利尻昆布を使用しているのに対し、「ルプルプヘアカラートリートメント」が使っているのはガゴメ昆布成分

このガゴメ昆布に含まれる「フコイダン」には、他の昆布類には無い高保湿効果育毛効果を持つと言われ、これをベースに共同開発で生まれたのが独自成分「ルプルプWフコイダン」です。

毛穴の奥まで浸透する低分子化フコイダンと、肌の表面に潤いの膜を張る高分子フコイダンのW作用で、髪と頭皮にしっとりとした潤いを与え、染める度にツヤのある美髪へと導いてくれます。

白髪の染まり方、色持ち、頭皮や髪への優しさ、そしてコスパと全体的にとてもバランスの取れた白髪染めカラートリートメントです。

特に、「白髪も気になるけど、同じくらい抜け毛・薄毛も気になる」という女性におすすめです。

ルプルプカラートリートメントの白髪染め効果
項目 判定/内容
白髪染め効果 ★★★★☆
色持ち ★★★★☆
使いやすさ ★★★★☆
コスパ ★★★★☆
色展開 4色
放置時間 ※約10分
内容量 200g
初回特別価格 1,834円
2回目以降 単品
3,000円
定期便2本セット
5,400円
(1本2,700円)
返金保証 全額返金保証付
(10日以内)

※放置時間は白髪の量や髪質等により異なります。
※表示価格は全て税別です。

ルプルプヘアカラートリートメントの特徴

*タカラバイオ(株)と共同開発
*話題のガゴメ昆布成分配合
*植物由来の天然染料使用
*美容成分94%配合
*微アルカリ性で髪を傷めない
*ジアミン不使用
*3つの無添加処方
*敏感肌でも安心して使える
*天然アロマの香り
*全額返金保証付(10日以内)

ルプルプヘアカラートリートメントの口コミ

フレグロウ良い口コミ
30代敏感肌
市販の白髪染めで頭皮がチリチリと痛くなって以来、頭皮への刺激が気になってこまめに染めるのを諦めてました。
そんな時、ママ友からおすすめされたのがルプルプのカラートリートメントでした。
トリートメントで本当に白髪が染まるの?って半信半疑でしたが、以前からノンシリコンのアミノ酸シャンプーを使っていたせいか、私の場合は1日で白髪は目立たなくなりました!
安心して使い続けられるカラートリートメントだと思います。
フレグロウ良い口コミ
40代乾燥肌
無添加なので、白髪が気になるなと思ったらこまめに使えて良いです。
私の髪は、太い・硬い・うねる、そして白髪になりやすいというやっかいな髪質なんですが、ルプルプはよく馴染んで白髪を染めながらツヤも出てくるのでお気に入りです。
しっかり白髪を染めたい場合は、乾いた髪に塗ってラップを巻き、20~30分置いて洗い流すと良いですよ!
フレグロウ良い口コミ
50代敏感肌
今まで色々な白髪染めトリートメントを試しましたが、このルプルプは1回で染まるし、色持ちがすごく良いです!
一度白髪が染まったら、後は4~5日に1回の使用で白髪が目立たなくなりました♪
白髪染め特有のツンとした匂いが苦手なので、こちらのラベンダーアロマの香りも気に入っています。
髪だけじゃなく頭皮も潤っている感じで、髪のコンディションも良くなりました。

ルプルプヘアカラートリートメントの価格

[お試しキャンペーン]
通常価格:3,000円(税別)
→初回限定価格39%オフ1,834円(税別)
※送料別途500円(税別)
※初めての方限定
※全額返金保証付(10日以内)
※更にお得な2本定期便コースもアリ

 

rank3

白髪染めと一緒にボリュームアップも叶える!

ポーラ グローイングショットカラートリートメント

 

ポーラ白髪カラートリートメント

 

女性に人気の白髪染めおすすめランキング、第3位はポーラの「グローイングショットカラートリートメント」

白髪・ハリコシ不足といった40歳からの髪悩みに対応した、「グローイングショットシリーズ」共通の毛髪補修・美容成分を配合。

浸透型&吸着型のWピグメント処方を採用する事で、僅か5分という放置時間で白髪への色付けを可能にしました。

ポーラオリジナル成分「黒米エキス」をはじめ、5種類のセラミドアミノ酸トチャカエキス等の毛髪補修成分が、白髪を染めながらグラマラスな美髪をサポート。

同時に、パウダルコ樹皮エキス3種類の浸透型コラーゲンといった美容成分が頭皮環境を整え、元気な黒髪が生える土壌を育ててくれます。

スパイスフローラルの上品な香りも、化粧品のポーラならでは♡

グローイングショットカラートリートメント白髪染め効果

 

項目 判定/内容
白髪染め効果 ★★★☆☆
色持ち ★★★★☆
使いやすさ ★★★★★
コスパ ★★★☆☆
色展開 2色
放置時間 ※約5分
内容量 200g
初回特別価格 2,900円
2回目以降 2,900円
返金保証 なし

※放置時間は白髪の量や髪質等により異なります。
※表示価格は全て税別です。

グローイングショットカラートリートメントの特徴

*1回で色付くWピグメント処方を採用
*放置時間5分で時短染め
*オリジナル成分黒米エキス配合
*20種類の毛髪補修成分配合
*頭皮環境を整える5つの美容成分配合
*ジアミン不使用
*白髪・ハリコシ不足を同時にケア
*スパイスフローラルの香り

グローイングショットカラートリートメントの口コミ

フレグロウ良い口コミ
30代敏感肌
白髪染めデビューに何が良いのか迷っていた時に、ママ友からおすすめされたのがポーラのグローイングカラートリートメントでした。
1回の使用でイイ感じに色が付いて、3日位続けて使うとしっかり深い色に染まります。
子育てに忙しくて美容院に行く時間もあまり取れないので、助かっています。
フレグロウ良い口コミ
40代乾燥肌
美容院で白髪染めをする回数を減らせないものかと悩んでいましたが、この白髪染めトリートメントで3回に1回になりそうです!
お風呂の中で使えて、置き時間が5分と短いのですごく便利です。
フローラル系の香りにも癒されます。
髪にハリコシが出てきたように思います。
フレグロウ良い口コミ
50代敏感肌
シャンプー・コンディショナー、白髪染め、白髪隠しも同じポーラのグローイングショットシリーズを使っています。
そのせいか、白髪への色の入り方も色持ちも良く、憂鬱だった白髪の悩みが楽になりました。
こちらの白髪染めヘアカラーは硬めのクリームなので、生え際やこめかみの白髪にもピンポイントで塗りやすい!
白髪が無くなる事はないけど、美容院での白髪染めとセルフケアアイテムをローテーションさせる事で上手く付き合えるようになったと思います。

グローイングショットカラートリートメントの価格

販売価格:2,900円(税別)
※送料無料

 

白髪染めカラートリートメントがおすすめの理由

上記ランキングをご覧頂ければお分かりの通り、フレグロウ編集部がおすすめするのは“カラートリートメント”タイプの白髪染めです。

では何故、市販の白髪染めでは無く「カラートリートメント」がおすすめなのか、その理由やカラートリートメントの特徴等についてご説明したいと思います。

白髪染めカラートリートメント

どうして市販の白髪染めじゃダメなの?

何故、市販の白髪染めがおすすめできないのか。

その最大の理由は、白髪染めには様々な「アレルギー」を引き起こす可能性のある成分が含まれているからです。

事実、平成27年には消費者安全調査員会が「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しています。

この報告書の中から、特徴的な3つの症例をご紹介したいと思います。

症例①:突然アレルギー症状が出たケース

50歳代女性
今まで毛染めで通っていた美容院で毛染めをしたところ、ヘアカラーリング剤を洗い流すときに少し痛みを感じた。
帰宅後、かゆみを感じたが特に何もせずにしばらく様子を見た。
かゆみが治まらなかったため皮膚科を受診して治療を受けたところ、かゆみが治まった。
その後、毛染めのために別の美容院に行ったところ、セルフテストでアレルギー反応が現れた。
出典:消費者安全調査委員会

症例②:異常を感じても使用を続けて症状が悪化したケース

50歳代女性

白髪染めジアミンアレルギー報告症例1
出典:消費者安全調査委員会

40歳代から自宅で毛染めを行ってきた女性。
2年位前から毛染めをすると痛みやかゆみが生じたものの、市販の薬を塗れば症状が治まったので、これ以上ひどくなるとは思わずに毛染めを続けてきた結果――。
今回の毛染めで、写真の通り顔面が赤く腫れて浸出液が滴る状態になり、初めて医療機関を受診したそうです。

症例③:長年悩んでいた「かぶれ」の原因がカラーリングだったケース

50歳代女性

白髪染めジアミンによるアレルギー報国症例
出典:消費者安全調査委員会

こちらの女性は、最初の症状が出たのは頭皮や顔では無く「手荒れ」だったそう。

ひどい手荒れのため、皮膚科医で治療を受けていたところ、耳たぶや頭皮にもかぶれの症状が出てきたとの事。
なかなか治癒しない為、皮膚科医の勧めで総合病院を受診して詳しい検査を受けたところ、ヘアカラーリング剤に含まれるパラフェニレンジアミン(酸化染料)という物質が原因でかぶれが生じていた事が判明。
更に、他の染料に対してもアレルギー反応を起こしている事が分かったのだとか。
総合病院の医師からは、酸化染毛剤での毛染めをやめて染毛料に変更するよう指示されたそうです。

 
このように、白髪染めやカラーリング等によるアレルギーは、今まで使って問題が無かったにも関わらず突然発症するケースから、自覚があっても使い続けてしまった結果、悪化したケースまで様々です。

こうした事態を重く見た消費者庁は、次の様に毛染めによるアレルギーへの注意喚起を行っています。

消費者庁・消費者安全調査委員会による注意喚起

毛染めによるアレルギーに御注意!
平成27年10月23日、消費者安全調査委員会は、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しました。

毛染めは、髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする等、年代や性別を問わず一般に広く行われていますが、その一方で、消費者庁の事故情報データバンクには、毛染めによる皮膚障害の事例が毎年度200件程度登録されています。

酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギーを引き起こしやすい
毛染めによる皮膚障害の多くは接触皮膚炎で、その直接的な原因はヘアカラーリング剤です。
ヘアカラーリング剤の中でも酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラー等と呼ばれる。)は、最も広く使用されていますが、他のカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすくもあります。

アレルギーの場合、再度の使用により症状が重くなることも
これまでに毛染めで異常を感じたことのない人も、継続的に毛染めを行ううちにアレルギーになることがあります。
1度目のアレルギー症状が軽かった場合も、治まった後に再度使用すれば、次第に症状が重くなる場合があります。
症状には個人差があり、人によっては頭皮だけでなく、顔面や首などにまで皮膚症状が広がり、日常生活に支障を来すほどになることもあります。

異常を感じたら、使用を止め、医療機関の受診を!
酸化染毛剤を使用する際は、事前にセルフテストを行いましょう。
また、使用して、かゆみ、赤み、痛みなどの異常を感じた場合は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、使用を止める、医療機関を受診するなど適切に対応しましょう。
出典:消費者庁

アレルギーを引き起こす原因となる成分とは?

では一体、白髪染めに含まれる何の成分がこうしたアレルギーの原因になっているのでしょうか。

それは主に次の3つの成分によって引き起こされます。

白髪染めに配合されているアレルギーの原因となる成分
・パラフェニレンジアミン(ジアミン)
・過酸化水素
・アミノフェノール

中でも最もアレルギー反応が顕著なのが、ジアミンです。

ジアミンとは?

パラフェニレンジアミン(PPD)・通称ジアミンとは、市販の多くの白髪染めやヘアカラー剤に配合されている合成化学染料です。

バリエーションに富んだ様々な色味を簡単に作り出すことができ、濃い色にしっかり染めることもできるため、白髪染めには欠かせない成分です。

一方、アレルギー症状を引き起こす成分でもある為、国によっては劇薬に指定され、ヘアカラー剤としての使用が禁止されているケースもあります。

ジアミンアレルギーの主な症状
・皮膚の痒みや痛み(ピリピリする)
・皮膚の炎症(赤く腫れる)
・かさぶたができる
・顔やまぶたが腫れる
・浸出液が染み出す

ジアミンアレルギーの症状は個人差がありますが、場合によっては喘息や呼吸困難、嘔吐といった重篤な症状に陥り「アナフィラキシーショック」を引き起こすこともあります。

以上のように、市販の白髪染めは自宅で簡単に白髪を染める事ができる一方、アレルギーの危険性が高い為、フレグロウ編集部ではこうした心配の無い「カラートリートメント」をおすすめしているというワケです。

そして、白髪染めカラートリートメントがおすすめの理由はこれだけに留まりません!

次の章では、白髪染めカラートリートメントの特徴とおすすめポイントについてより詳しくお伝えしていきます。

白髪染めカラートリートメントがおすすめの理由8つ

白髪染めカラートリートメントのおすすめポイント

「白髪染めカラートリートメント」は、その名の通り白髪染めとヘアトリートメントがセットになった白髪染めです。

シャンプーの後に使うトリートメントと同じ感覚で、傷んだ髪をケアしながら繰り返し白髪を染めることができます。

そんな白髪染めカラートリートメントのおすすめポイントとして、次の8点が挙げられます。

①頭皮や髪が傷まない
②敏感肌でも安心して使える
③頭皮についても安心
④簡単・時短で白髪染めができる
⑤美容室に行く手間やコストが削減できる
⑥イヤな臭いがしない
⑦根元の白髪が目立たなくなる
⑧髪にツヤ・ハリコシが出る

①頭皮や髪が傷まない!

市販の白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーを使って、次のような症状を感じた事はありませんか?

☑頭皮がピリピリする
☑髪がキシキシする
☑髪がゴワゴワする
☑髪がまとまらない
☑髪質が変わった
☑抜け毛が増えた

こうした症状は、白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーがどうやって髪の色を染めるか、その手法に起因しています。

私達の髪の毛は、鱗状の膜で覆われたキューティクルに保護されています。

白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーは、この鱗状のキューティクルを無理やり開いて染料を入れる事で染色します。

そしてこのキューティクルは、一度開いてしまうと元に戻る事はできません

染色後の髪ダメージは、この開いたキューティクルからタンパク質や水分が流れ出てしまう事が原因です。

白髪染めがキューティクルに与える影響

だから市販の白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーには、シリコンをふんだんに使った「洗い流さないヘアトリートメント」のパウチがセットになっているのです。

これを塗布すると、髪の表面が滑らかになるため「ダメージが改善されたような錯覚」を抱きますが、それは単に傷だらけのキューティクルをシリコンで包み込んだだけのこと。

ダメージが改善される事はないので、大量の抜け毛を誘発するというワケです。

女性の髪は、30代後半から細くなったり本数が減るだけでなく、キューティクルも剥がれやすくなる為、より強いダメージを受けてしまいます。

特にノンシリコンシャンプー派は注意!

実はノンシリコンシャンプー愛用者のフレグロウ管理人は、過去に市販の泡ヘアカラーを使って大変な事になった経験があります。

久しぶりにドラッグストアで購入した泡ヘアカラーを使ったところ、洗い流す際に髪の毛が「カチーン!」と音が出そうな位「板」みたいに固まっているのです!

指なんか通らないし、ぬるま湯さえも通さないって感じ。

慌てて当時使っていたノンシリコンシャンプーのメーカーさんに問い合わせた所、原因は泡ヘアカラー剤にありました。

泡タイプの白髪染めやおしゃれ染めヘアカラーには、泡立たせる為に「界面活性剤」が使われています。

そしてこの「界面活性剤」には、薬剤の吸収力をUPさせる効果がある為、よりしっかり染色する事ができます。

という事は、それだけキューティクルの内部に留まり、頭皮や髪の毛にダメージを与える薬剤の吸収力も高めてしまうのです!

一方、長期間ノンシリコンシャンプーを長い続けた髪の毛は、何もコーティングされていない状態――。

そこへ刺激の強い市販の泡ヘアカラー剤を使った事で、キューティクルが木端微塵に破壊されてしまったのでした…。

ノンシリコンシャンプーを愛用している人は、特に白髪染めやおしゃれ染めのヘアカラーのダメージを受けやすいので注意しましょう!

※この恐怖の体験談は、いつかまた別の機会に詳しく書きたいと思います。

だからヘアカラートリートメントがおすすめ!

ヘアカラートリートメントには、白髪染めやおしゃれ染めのヘアカラーに比べ、頭皮や髪の毛へのダメージはほとんどありません。
それどころか、トリートメント効果がある為、白髪を染めながら健やかな美髪へと導いてくれます。

同時に、抜け毛や薄毛といったエイジングトラブルを予防する事にも繋がります。

②敏感肌でも安心して使える

ジアミン系薬剤不使用で、アレルギー反応による頭皮のかぶれや炎症が出にくいが白髪染めカラートリートメント。
無添加タイプが多いので、敏感肌の女性でも安心して使えます。

③頭皮についても安心

安心・安全な成分で構成されている為、頭皮についてしまっても安心。
根元の白髪まで、たっぷりと塗布することが出来ます。

毎日、こまめに染めたり重ね塗りしても心配無用です。

④簡単・時短で白髪染め

普通のトリートメントと同じ感覚で使用できるので、お風呂で簡単且つ短時間で白髪を染める事ができます。

⑤美容室に行く手間やコストが削減できる

美容室で白髪染めする回数を減らせるので、時間や費用も大幅に削減できます。

特に子育て中で、カットにさえなかなか美容院へ行けないというママにおすすめの白髪染めです。

⑥イヤな臭いがしない

ヘアカラー特有のツンとした刺激臭が無いため、ストレスなく使う事ができます。

⑦根元の白髪が目立たなくなる

普段のトリートメント感覚でこまめにケアする事で、根元の気になる白髪も自然にカバー。
太陽光が当たっても白髪がキラキラ悪目立ちする事もありません。

⑧髪にツヤ・ハリコシが出る

トリートメント効果で、髪にツヤ・ハリコシを与えてくれるのが白髪染めカラートリートメント。
パサついてゴワゴワした髪だと白髪も余計に目立ちますが、ツヤ・ハリのある美髪なら白髪もツヤッとカモフラージュして目立ちません。

→おすすめの白髪染めランキングを見る(Junmp!)

白髪染めおすすめナンバー1はカラートリートメント

白髪染めカラートリートメントのメリット・デメリット

では、カラートリートメントは白髪染めとしてパーフェクトなのかというと、残念ながらそうではありません。

ちゃんとメリット・デメリットが存在します。

後で「失敗した!」と後悔しない為にも、白髪染めカラートリートメントのメリット・デメリットを正確に把握しておく事が大切です。

◎白髪染めトリートメントのメリット

*頭皮や髪の毛へのダメージが少ない
*トリートメント効果で美髪をキープ
*アレルギーの心配が無い
*肌に優しく素手で使えるタイプが多い
*トリートメントと白髪染めが1度に出来るので時短
*徐々に白髪を染める為、自然な仕上がりになる
*お風呂で白髪染めができるい

×白髪染めトリートメントのデメリット

*数回繰り返さないと染まらない
*シャンプーの度に徐々に色落ちする
*色持ちは2~3週間と短い

髪の毛がシリコンでコーティングされていると色が入りにく為、シャンプーはノンシリコンタイプのアミノ酸シャンプーがおすすめです。
或いは、白髪染めシャンプーとダブル使いするという手もアリ♪

白髪染めカラートリートメントはこんな女性におすすめ!

白髪染めカラートリートメントはこんな女性におすすめ

ヘアマニキュアと同じく、低刺激の白髪染めカラートリートメントは、敏感肌や抜け毛・薄毛といった髪悩みを持つ女性におすすめの白髪染めです。

染める度に髪のコンディションを整えてくれるので、乾燥・パサつき・ハリコシ・ツヤ不足などのエイジングケアにもピッタリ。

未来の抜け毛・薄毛対策も見据えた白髪染めとして、おすすめ度No.1の白髪染めです!

但し、数回繰り返して髪に色を入れるため、1回で白髪を染めたいという女性には不向きです。

他にはどんな白髪染めがあるの?

白髪染めには大きく分けると、永久染毛剤、半永久染毛剤、一時染毛剤の3種類があります。
そして次の表のように分類されます。

種類 分類
永久染毛剤 ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染め
おしゃれ染め・アルカリカラーetc
半永久染毛剤 ヘアマニキュア
・白髪染めトリートメント(カラートリートメント)
・カラーシャンプー・酸性カラーetc
一時染毛剤
(白髪隠し)
ヘアファンデーション・ヘアマスカラ
・ヘアカラースプレー・カラースティックetc

今回ランキングで紹介したのは、半永久染毛剤になります。

白髪染めの種類とメリット・デメリット

上の表のように、白髪染めには様々な方法があります。

その中から、メジャーな白髪染5種類をピックアップしてご紹介していきます。

それぞれの白髪染めの特徴やメリット・デメリットについてもお伝えしていくので、比較しながら自分にあった白髪染めを選ぶ参考にしてみて下さいね。

※気になる白髪染めの種類をクリックするとジャンプします♪

①白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーの特徴とメリット・デメリット

「白髪染めヘアカラー」は、アルカリの力で髪を膨張させ、髪表面のキューティクルを開かせて色素を内部に浸透させる事で白髪を染めていく方法です。

髪を膨張させる薬剤も色素成分も化学物質なので、一度にしっかり白髪を染める事ができる半面、頭皮や髪の毛が強いダメージを受けることは避けられません。

また、キューティクルが開くと髪内部の水分や栄養分が流出してしまい、枝毛切れ毛の原因にもなります。

特にホームカラーの薬剤には、自分で染めてもしっかり染まるよう、美容院で使うカラー剤より強い色素成分が配合されています。
そのため、乾燥ゴワつきといった髪のトラブルがより出やすくなります。

◎白髪染めヘアカラーのメリット

*1回で白髪がしっかり染まる
*1度染めると2~3ヶ月は色持ちする
*クリーム・乳液・泡などタイプが色々ある

×白髪染めヘアカラーのデメリット

*頭皮や髪の毛へのダメージが大きい
*ダメージが強い分、使用期間を空ける必要がある
*アレルギーや敏感肌の人は使用できない事がある
*お風呂で染める事ができない
*下準備など手間がかかる

ヘアカラーにはジアミンという強い化学物質が配合されている為、敏感肌の人は頭皮がヒリヒリしたり、アレルギー反応が出る場合があります。
その為、使用前には必ずパッチテストが必要です。

白髪染めヘアカラーはこんな人におすすめ!

白髪染めカラートリートメントはこんな女性におすすめ

白髪染めヘアカラーは全体的に白髪が多く、一度でしっかり染めたい女性におすすめの白髪染めです。

但しダメージが強い分、頭皮や髪にトラブルが無いことが大前提となります。

逆に白髪が比較的少なく、出来るだけ頭皮や髪に負担をかけたくない、抜け毛や薄毛が気になるという女性には低刺激の「白髪染めカラートリートメント」がおすすめです。

フレグロウアイコン

今回は、頭皮や髪に優しい「白髪染めトリートメント」をランキングでご紹介しています♡

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染めって何が違うの?と疑問に思う人は少なくないと思います。

確かにおしゃれ染めも白髪染めヘアカラーと同じように、化学反応で開いたキューティクルに色素成分を入れて染色します。

では一体何が違うのかというと、色素成分の配合です。

白髪染め
メラニン色素が消失した白髪と、ある黒髪の両方を染める事ができるよう配合されている。

 

おしゃれ染め
メラニン色素がある黒髪を一旦脱色して染める配合になっている。

 
白髪をおしゃれ染めで染めようとすると、キラキラになったり、色が入らないのはこうした色素成分の配合に違いがあるからです。

今では白髪も明るく染めつつ目立たなくするカラー剤も開発され、白髪染めとおしゃれ染めの境界線が無くなりつつあるとも言われています。

但し、おしゃれ染めも白髪染めと同じく頭皮や髪にダメージが大きいのは変わりありません。

②ヘナによる白髪染め

ヘナカラー

ヘナによる白髪染めの特徴とメリット・デメリット

「ヘナカラー」とは、ヘンナという植物の染料を用いて白髪染めする方法です。

中でも天然100%のナチュラルヘナには、非常に高い収れん作用がある為、白髪染めと同時に髪にハリコシを与えてくれるというメリットがあります。

フレグロウアイコン

発色を良くする為に化学成分を入れた「ケミカルヘナ」というのもあります。

 

◎ヘナのメリット

*頭皮や髪の毛へのダメージが少ない
*ハリやコシが出る

×ヘナのデメリット

*放置時間が長く、染めるのに時間がかかる
*髪質によっては染まる色に差が出る場合がある
*髪のゴワつきを感じる場合がある
*色数が少ない
*一度染めるとカラーチェンジできない。
*植物成分の為、アレルギーが出る可能性は0では無い
*独特の匂いがする
*手間がかかる

ヘナはこんな女性におすすめ!

ヘナはこんな女性におすすめ

低刺激のヘナカラーは、敏感肌やアレルギー体質の女性におすすめの白髪染めです。
また、使い続ける事で髪にハリコシが出るので、元々細毛・猫っ毛で髪のボリューム不足が気になる女性にもおすすめ。

但し、粉末を液状にする手間や放置時間が長い為、手軽に白髪染めがしたいという女性には不向きかもしれません。

③ヘアマニキュアで白髪染め

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアの特徴とメリット・デメリット

「ヘアマニキュア」とは髪の表面にカラー剤を浸透させ、コーティングする事で白髪を染めていく方法です。

色持ちは2~3週間と短いものの、髪や頭皮へのダメージが少なく、染めると髪にツヤがでます

同時に、光の反射効果で白髪を目立たなくしてくれるというメリットもあります。

アレルギー等でヘアカラーが使えないという女性に人気の白髪染めです。

◎ヘアマニキュアのメリット

*頭皮や髪の毛へのダメージが少ない
*一度で白髪を染める事ができる
*髪にツヤが出る
*手軽に染め直しや重ね染めができる
*アレルギーの心配がない
*お風呂で染めることができる
*手間がかからない

×ヘアマニキュアのデメリット

*髪の表面だけを染める為、シャンプーで徐々に色落ちする
*色持ちは2~3週間程度と短い
*黒髪は明るく染まらない

ヘアマニキュアはこんな女性におすすめ!

ヘアマニキュアはこんな女性におすすめ

頭皮や髪の毛への刺激が無いヘアマニキュアは、アレルギーや敏感肌の女性におすすめの白髪染めです。

白髪を染めながら髪にツヤが出てくるので、乾燥やパサつき等の髪ダメージが気になる女性にもおすすめ。

但し、シャンプーする度に色落ちしていくので、最低でも月に2~3回の使用が必要となります。

④白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーの特徴とメリット・デメリット

「白髪染めシャンプー」とはそのネーミングの通り、白髪染めの成分が配合されたシャンプーのことです。

普段のシャンプー通りに髪を洗うだけで、少しずつ白髪に色がついていきます。

テクニック不要で手も汚れず、放置時間も無い為、最も簡単に取り入れる事ができる白髪染めです。

◎白髪染めシャンプーのメリット

*頭皮や髪の毛へのダメージが少ない
*白髪の量が比較的多くてもムラにならず、全体を染めやすい
*シャンプーと白髪染めが1度に出来るので時短
*徐々に白髪を染める為、自然な仕上がりになる
*お風呂で白髪染めができる

×白髪染めシャンプーのデメリット

*徐々に色がつくため、すぐには染まらない
*白髪用カラートリートメントより染まりにくい
*シャンプー剤としての向き不向きがある
*毎日使用する為ランニングコストがかかる

元々白髪が多い女性や、白髪染めシャンプーだけではなかなか染まらないという場合には、白髪染めカラートリートメントと併用するのがおすすめ!
ダブル使いする事で白髪染めの効果がアップしますよ。

白髪染めシャンプーはこんな女性におすすめ!

白髪染めシャンプーはこんな女性におすすめ

白髪染めシャンプーは頭皮や髪へのダメージが少なく、シャンプーするだけという手軽さが最大のメリット。

なので、「白髪染めを塗るのが苦手」「白髪染めに手間暇かけたくない」という女性におすすめの白髪染めです。

ムラになりにくく自然な仕上がりになるので、10代の若白髪を染めるのにおすすめの白髪染めでもあります。

白髪染めの選び方のコツ

白髪染めの選び方のポイント

白髪染めの種類や特徴を把握したら、次のステップは自分に合った白髪染めを選ぶ事。

ここからは、白髪染め選びに失敗しない為のコツ4つをご紹介していきます!

これらのポイントをおさえて白髪染めを行う事で、頭皮や髪のトラブルを避ける事ができますよ。

※気になる項目をクリックするとジャンプします♪

 

①自分の体質で選ぶ


既に「カラートリートメントがおすすめの理由」の箇所でご説明した通り、白髪染めには様々な成分が配合されている為、人によってはアレルギーを引き起こす場合もあります。

特に気をつけたいのが、白髪染めやおしゃれ染めのヘアカラーに含まれているジアミン系薬剤

白髪染め・ヘアカラー等よるかぶれの多くは、この染料の主な成分であるパラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)などの、ジアミン系薬剤がアレルギー反応を起こす事に起因しています。

ジアミン系のアレルギー症状が重症化すると、顔が腫れあがったり、アナフィラキシーショックに陥ることもあります。

今まで症状が出ていない場合でも、10代や20代の頃からこうしたヘアカラーを繰り返してきた人は、自ずと少しずつ体内にPPDAやPTDAが蓄積されています。
そして、その量がアレルギー症状を起こすラインに達してしまうと急に発症するケースもあります。

よって、元々アレルギー体質だったり敏感肌の女性はもちろんの事、過去にこれらの白髪染めやヘアカラーを使って頭皮に何らのトラブルが生じた場合は使用を控えるようにしましょう。

少しでも不安な場合は、安全性の高い「白髪染めトリートメント」がおすすめです。

白髪染めで頭皮がかぶれた!かぶれにくい方法ってあるの?
【Q.】自分で白髪染めをしたら、頭皮がチリチリとかゆくなってかぶれてしまいました。また次に白髪染めをしたら同じ様にかぶれてしまいますか?かぶれにくくする方法っ...

②白髪の量で選ぶ

白髪染めを選ぶ際には、自分の白髪の量によってチョイスする事も大切です。

そうする事で、白髪染めによる頭皮や髪の毛へのダメージを最小限に食い止める事ができます。

同時に、頻繁に美容院に通う手間もコストも抑える事ができるので一石二鳥です♪

ここではそんな白髪の量に合わせた白髪染めの選び方をご紹介します!

白髪の量で選ぶ

★白髪がまだ少ない

数本程度の白髪であれば、ピンポイントで簡単に染められる白髪染め、つまり「白髪隠し」がおすすめです。

フレグロウの下記記事では、口コミで人気の白髪隠しをランキング形式で紹介しています。
是非、参考にどうぞ♪

女性用白髪隠しのおすすめは?口コミ人気ランキングと選び方
スティック・スプレー・ファンデーション、使いやすいおすすめの白髪隠しは?「あっ!こんなところに白髪が!」そんな時に活躍するのが、伸びた根元や生え際、分け目な...

 

★チラホラ白髪

全体を染める程は無いけれどチラホラ出始めの白髪には、手軽に染められる「白髪染めカラートリートメント」がおすすめです。
→白髪染めカラートリートメントを見る(Junmp!)

★白髪がまばら~全体的に多い

まばらに目立ってきた白髪や、全体的に白髪が多くなってきたら美容室での白髪染めがおすすめです。

頭皮や髪の毛へのダメージを防ぐ為にも、刺激の少ない「白髪染めカラートリートメント」「白髪隠し」のホームケアを上手くローテーションさせる事で、白髪染めの回数を減らす事ができますよ!

下記記事では、フレグロウ編集部の30・40・50代の女性達が実践している白髪対策法を紹介しています。
美容室の上手な利用法や髪型、シャンプー・カラートリートメント・白髪隠し・頭皮用美容家電・白髪サプリetc、参考になる事間違いナシです♡

年代別実践レポート!女性の白髪対策アイテムと改善法で白髪は治る?
[30・40・50代]年代別!女性の白髪対策・改善法染めても染めても生えてくる白髪にもうウンザリ!一体みんなどんな風に白髪対策してるの?そもそも白髪に改善法ってあ...

 

③継続できる白髪染めを選ぶ

一度染めたら1~2ヶ月は放置可能なヘアカラーと異なり、カラートリートメントやシャンプータイプの白髪染めはこまめに染める必要があります。

特に白髪の量が多かったり、ロングヘアの場合は一度に使う量も多くなるので自ずと購入頻度も高くなります。

よってカラートリートメントやシャンプータイプの白髪染めを選ぶ際には、継続して使用しても負担にならない金額のものを選ぶ事が大切です。

④白髪染めの種類で選ぶ

前述の通り、白髪染めにはヘアカラーだけでなくヘアマニキュアやカラートリートメントなど様々な種類があります。

白髪を染める力やキープ力が高ければ高いほど頭皮や髪へのダメージも大きくなるので、自分が白髪染めに求める優先順位に従って選ぶ事をおすすめします。

下の表は、ここまでお伝えしてきた白髪染めを比較してまとめたものです。

種類別白髪染めの比較一覧

種類 刺激度 染まり方 色展開 色持ち 使いやすさ おすすめ度
ヘアカラー 強い × ★☆☆☆☆
ヘナ 少ない × × ★☆☆☆☆
ヘアマニキュア 少ない ★★☆☆☆
カラー
トリートメント
弱い ★★★★☆
白髪染め
シャンプー
弱い ★★☆☆☆

完璧な白髪染めは無い!?

上記の表が示す通り、

「頭皮や髪に優しく、白髪を1回で簡単且つしっかり染める事ができる完璧な白髪染め」

は、今の所まだ開発されていません。

つまり、白髪染めを選ぶには「低刺激」「染色力」のどちらを最優先するかを考える必要があります。

完璧な白髪染めは無い!?

そして、冒頭でご紹介した「白髪染めのお悩みトップ10」のアンケート結果にもあったように、多くの女性達が白髪染めに求めるのは

「頭皮や髪の毛を傷める事無く、手軽にキレイに染めたい」

でした。

よってフレグロウ編集部がおすすめするのは、頭皮や髪に優しく、少しずつ白髪に色をつけていく「白髪染めカラートリートメント」なのです!

→おすすめの白髪染めランキングを見る(Junmp!)

失敗しないカラーの選び方

白髪染めをセルフケアするとなると、色選びには失敗したくないもの。

実は白髪を染めるのと黒髪を染めるのとでは、色の選び方にも違いがあるんです!

ええっ!知らなかった!という方必見。
白髪染めカラーの色選びのコツをご紹介しますね♪

白髪の量と自分の髪色で選ぶ

白髪染めのカラーは、白髪の量によって仕上がりが異なります。

白髪の量が少ないと暗めに、白髪が多いと明るめの仕上がりになる事を覚えておきましょう。

よって白髪の量が少ない女性は、自分の髪色よりワントーン明るめのカラーを。

逆に白髪が多い女性は、明るく見せたいなら髪色と同じ、逆に落ち着いて見せたい場合はワントーン暗めのカラーを選ぶのがおすすめです。

失敗しない色選び
明るい色はどうしても染まりが薄く感じてしまうので、白髪染め初心者さんにはダークブランやブラック系の暗めカラーがおすすめです。

【実践】白髪染めカラートリートメントの効果的な使い方

白髪染めカラートリートメントは、意外と誤った使い方をしている人も多いようです。

白髪染めトリートメントの使い方にはいくつかコツがあります。
「何度塗っても染まらない!」とストレスになってしまわない為にも、白髪染めカラートリートメントの正しい使い方をマスターしておきましょう。

白髪染めの効果は白髪の量や髪質、普段のメンテナンス等にも左右されるので、ここでは一般的な使い方についてご紹介したいと思います。

用意するもの

白髪染めカラートリートメントに用意するもの
ブラシ&コーム
カラートリートメントを塗った後、コームでとかすとムラなく均一に染まりやすくなります。
白髪染めは継続して使うものなので、ヘアカラー用のブラシ&コームを1本持っておくと便利です。

 

使い捨てビニール手袋
白髪染めカラートリートメントは素手でもOKですが、爪の中に入ってしまうとなかなか落ちないので、使い捨てのビニール手袋を使う事をおすすめします。
商品によってはセットされている場合があります。

 

ラップ
白髪染めカラートリートメントを塗った後に、ラップで巻くと白髪が染まりやすくなります。
ヘアキャップよりラップの方が密着度が高いのでおすすめです。

 

ケープ
乾いた髪に使用する際は、服が汚れないようにケープか大き目のビニールがあると安心です。

 

白髪染めカラートリートメントはシャンプー後に使う場合と、乾いた髪に使う場合があります。
より白髪染め効果が高いのは、乾いた髪に使用する方法です。
ここからは、それぞれの使い方ステップをご紹介しますね。

シャンプー後に使用する場合

シャンプーの後に使用する場合は、しっかり目にタオルドライをした後に塗布しましょう。
髪に水分が多く残っていればいる程、白髪は染まりにくくなります。

白髪染めトリートメントを塗布していく
目の粗いブラシやコームにカラートリートメントを取り、髪を根元から上へすくい上げる様にしてつけていきます。

一か所にベットリつけ過ぎない様に、薄く広くつけていくのがコツです。
但し、毛先の方にまでとかし過ぎるとカラートリートメントが落ちてしまうので注意しましょう。

 

コームやブラシは少し寝かせるようにして使うのがコツです。
気になる場所には厚めに重ね塗り

最後に重ね塗り

最後にもう一度ブラシやコームを使って、頭頂部や生え際、こめかみなど白髪が気になる部分に重ね塗りします。
しっかり厚めに塗布するのがコツです。

 

ラップを巻いて規定時間分放置
ラップを巻いて規定時間分放置します。

規定の放置時間は商品によって異なりますが、最短5分~10分。
最長30分位です。

色々な口コミを見ても、30分以上放置しても効果に差は無いようなので、それ以上は時間よりも回数を重ねた方が良いようです。
白髪染めやおしゃれ染めのヘアカラーと違って、放置時間が長くなってもトラブルが生じる事は無いので安心ですね♪

 

ラップの上から温いタオルを巻いて湯船に浸かるのもおすすめ。
温まる事でカラートリートメントの浸透が良くなり、白髪染め効果がアップします♪
ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯で優しく洗い流します。
すすいだお湯に色が出なくなるまで、しっかり洗い流して下さいね。

 

タオルドライ後ドライヤーで乾かす
優しくタオルドライしたら、早めにドライヤーで乾かします。

摩擦は色落ちの原因になるので、くれぐれも強くゴシゴシ擦らないこと。
髪の毛ではなく、頭皮を乾かすイメージで。

 
白髪の染まり具合を見ながら、数日は連続して使用します。

口コミでは、平均してだいたい4~5日で白髪が染まるようです!
その後は白髪の出方を見ながら1週間に1~2回程度行うのがおすすめです。

もちろん毎日使っても頭皮や髪が傷む心配はありません。

乾いた髪に使用する場合

白髪の量が多い、髪質が硬くて太い、白髪をしっかり染めたい、という場合は、乾いた髪に塗布した方が白髪が良く染まります。

但し、白髪の染まりを良くする為にもシリコンやポリマー入りシャンプー・整髪料の使用はNGです。

軽くブラッシングする
髪の毛についた埃をブラッシングで取っておく事で、白髪染めカラートリートメントの色がつきやすくなります。

 

カラートリートメントを塗布していく
白髪染めカラートリートメントの塗布方法は、シャンプー後の使用と同じ方法でOKです。

乾いた髪に白髪染めカラートリートメントを塗る

 

ラップで巻いて30分程放置
口コミで見ても、白髪をしっかり染めるには30分放置が効果的のよう。
この間、ドライヤーで温めるとより白髪が染まりやすくなります。

 

ぬるま湯で洗い流す
シャンプーはせず、ぬるま湯だけで洗い流しすのがコツ。
俗に言う「湯シャン」ですね。

 

後は、同じ様にタオルドライをしてドライヤーで乾かします。

白髪の量にもよりますが、口コミでは平均して大よそ1~2日で白髪がしっかり染まるようです!
その後は白髪の出方を見ながら、シャンプー後の使用に切り替える等して1週間に1~2回程度行うのがおすすめです。

失敗しないポイント・コツ

シリコン・ポリマー配合シャンプーや整髪料はNG

シリコンやポリマーが配合されているシャンプーや整髪料が付着した白髪は、染まりにくい場合があります。

よって白髪染めカラートリートメントを使う際には、ノンシリコンシャンプーを使った方が効果的です。

乾いた髪に使用する場合も、前日の夜はノンシリコンシャンプーで洗髪する事をおすすめします。

カラートリートメントの量はたっぷり使用

白髪染めカラートリートメントの量は、ケチらずにたっぷり使う事。

白髪の気になる根元を中心に、たっぷりと馴染ませる事でムラ無く染める事ができます。

白髪が染まるまでは継続して使う

白髪染めカラートリートメントは、最初の4~5回は毎日連続して使用することで白髪が染まっていきます。

頭頂部や生え際、こめかみなど白髪が気になる部分にはカラートリートメントを塗り足すと効果的。

白髪が染まったと実感したら、週に1~2回の使用でOKです!

最初は放置時間を長めに

最初に白髪染めを使用する際には、既定の放置時間よりも少し長めにおいた方が染まりやすくなります。
特に白髪が気になる部分には、重ね塗りがおすすめ。

白髪染めのカラーを長持ちさせるコツ

白髪染めの回数を可能な限り最小限に抑える為には、白髪染めのカラーをいかに長持ちさせるかが重要です。

ここでは、白髪染めカラーを長持ちさせるコツについて紹介したいと思います。

白髪染めカラートリートメントは、白髪の表面をコーティングした状態です。
よってカラーをキープする為には、コーティングした色素が剥がれ落ちないようにする必要があります。

つまり、白髪染めのカラーを長持ちさせるには、カラー剤が「髪につきやすくする」事と「摩擦」を避ける事が大切なのです。

シャンプーはアミノ酸ノンシリコンタイプがおすすめ

白髪染めカラートリートメントは、髪の表面をコーティングする方法で色をつけていきます。

なので、シリコンやポリマーが配合されたシャンプーや整髪料などが付着した白髪では染まりにくくなります。

少しでも白髪を染まりやすく尚且つ長持ちさせる為には、アミノ酸系ノンシリコンシャンプー白髪染めシャンプーがおすすめ。

中でもフレグロウ編集部がおすすめしたいのが、白髪にアプローチする「haru黒髪スカルプ・プロシャンプー」です!

下記記事では、haruシャンプーの体験レビューを紹介しています。
実際の白髪への効果を是非チェックしてみて下さい♪

haru黒髪スカルププロシャンプーの口コミ効果を画像付きでレビュー!
haruシャンプーは女性の白髪・抜け毛に効果アリ?今回フレグロウ管理人が体験レビューするのは、芸能人やママタレントも愛用しているシャンプーとして、口コミでも話題...

キューティクルを傷めない

白髪染めカラーを長持ちさせるには、キューティクルを傷めないように心掛ける事が大切です。

次のような髪に触れるシーンで、可能な限り摩擦を避けるように注意しましょう。

・シャンプー後は早めにドライヤーで乾かす
・髪が濡れたまま寝ない
・タオルで強くゴシゴシ拭かない
・ダメージの大きいパーマ等は避けるか間隔を空ける

またドライヤーを使用する際には、8~9割程度乾いたら冷風で仕上げましょう。

キューティクルを引き締めてツヤを出し、傷みにくくする効果があるのでおすすめですよ。

紫外線対策をする

肌と同じく健康な頭皮と髪を維持する為には、紫外線対策は必須!

髪が日焼けすると毛髪内部のメラニン色素が分解され、色が抜けたように褪色して白髪の進行を早めると言われています。

白髪染めカラートリートメントのカラーを長持ちさせるのはもちろん、頭皮や髪そのものの光老化を防ぐ為にもしっかり紫外線対策をするようにしましょう。

下記記事では、紫外線が頭皮や髪に与える影響について解説しています。
頭皮や髪用の日焼け止めスプレーやミルクなども紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

紫外線が女性の抜け毛・薄毛の原因に!頭皮・髪の日焼け止め対策とは?
紫外線があなたの頭皮を老けさせる!?頭皮も紫外線対策をしないと、抜け毛・薄毛やたるみの原因になるんです!春から一気に増える紫外線。顔や体の日焼け止めは万全だ...

 

白髪染めカラートリートメントはこんな女性におすすめ!

今回は白髪染めの種類や、頭皮や髪を傷めない白髪染めカラートリートメントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

白髪染めカラートリートメントは、次のような髪悩みを抱える女性におすすめです!

☑初めての白髪染めに何を選んで良いのか分からない
☑頭皮や髪を傷めない白髪染めを探している
☑ヘアカラーを繰り返して髪のダメージが気になる
☑抜け毛や薄毛も気になる
☑簡単&時短の白髪染めを探している
☑子育て中で美容室に行く時間が無い
☑美容室で白髪を染める手間やコストを減らしたい

白髪染めカラートリートメントで白髪をカバーしつつ、食事や睡眠・生活習慣などにも気を配り、身体の内からも白髪を増やさない為のケアを行う事が大切です。