女性におすすめの頭皮ケアで髪の老化をストップ!

女性におすすめの頭皮ケア

髪のツヤ・ハリ・ボリューム不足、うねり髪、抜け毛・薄毛etc、何だか最近髪の調子が悪い…。
ふとした瞬間に気付く髪のエイジングは、35歳から始まると言われています。

そこでおすすめなのが頭皮ケア
でも頭皮ケアって具体的に何をどうしたら良いのか分からないという女性や、中には間違った頭皮ケアを行っている女性も。

今回はそんな頭皮ケアに悩む女性達に向けて、おすすめの効果的な頭皮ケア方法はもちろん、自分の頭皮チェックのやり方や頭皮・髪の仕組みまでご紹介します♪

頭皮のセルフチェック!

まずは、自分の頭皮の状態を下記のセルフチェックで確認してみましょう。

頭皮・髪のエイジングチェックリスト

以下のような症状がひとつでも当てはまる場合は、エイジングの始まりです。

□トップのボリューム不足が気になる
□髪のうねりやクセ毛が強くなった
□前髪のスタイリングがキマらない
□手グシで抜ける髪が増えた
□抜け毛が細くなった気がする
□頭皮が赤く刺激を感じやすい
□髪の分け目が目立つ
□前より額が広くなってきた気がする

健康な頭皮のチェック方法

では次に自分の頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮の健康状態を判断するチェックポイントは、「色」「柔軟性」です。
日本人の健康な頭皮は青白い色をしています。
一方、赤や褐色、黄色っぽく見えた場合は頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

但し、シャンプーやマッサージの後に一時的に赤くなるのは血行が良い証拠です。

頭皮の柔軟性をチェック!

頭皮の健康状態をチェックするもうひとつのポイントが「柔軟性」です。

両手で頭頂部を抱え込むようにして、頭皮だけを前後に動かしてみましょう。

カクカクとスムーズに動けば問題ありません。

逆に違和感がある場合は頭皮が固くなっている証拠です。

つまり頭皮が慢性的な血行不良に陥っている可能性があります。

そうなると毛根の隅々まで栄養が行き渡らず、抜け毛・薄毛の原因となります。

抜け毛につながる悪いフケ・痒みに要注意

フケは新陳代謝によって頭皮表面の角質層の剥がれ落ちたものと、皮脂や汗及び空気中の塵やほこりが一緒になったもので、生きている以上は誰にでも発生するものです。

但しフケは脱毛が起こる前に多く発生することも多く、「フケは抜け毛の注意信号」とも言われています。
特に洗ってもすぐに出るような異常発生の場合は、脱毛のSOSサインです。
また皮脂の分泌異常が加わると、脂漏性皮膚炎に発展することもあります。

一方、かゆみも頭皮が何らかの炎症を起こしているサイン。
頭皮のバリア機能が低下し、刺激に敏感になっている証拠です。

髪のエイジングを放置するとどうなる!?

10代・20代の頃とは違う髪質や量、スタイリングや頭皮の違和感、乾燥やフケ・痒み。
こうした微妙な変化は頭皮のエイジングを知らせるSOSです。

「気のせい」「まだ大丈夫」と放置すると先々後悔するハメに!?

ここではそんな頭皮・髪のエイジングについてご紹介します。

sos

30代以上の女性の7割に頭皮炎症!?

自分では健康だと思い込んでいた頭皮が、実は炎症を起こしているとしたら?

ある調査によると、30代以上の女性の約7割に赤みや荒れといった頭皮炎症があり、そのほとんどが無自覚なんだとか。

自分では気付かない頭皮の炎症が、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしているかもしれません!

頭皮の炎症は直接的な刺激だけでなく、紫外線や高温のドライヤー、刺激の強いシャンプーや洗い過ぎ、皮脂の酸化、乾燥なども原因となります。

加齢と共にハリ・コシ不足に!

白髪や抜け毛より先に感じる髪のエイジングのひとつが、ボリューム不足

頭頂部がペタンコにつぶれてスタイリングが決まらない。
全体的にやつれた寂しい印象に見えてしまう。

こうした髪のハリやコシの低下は35歳を過ぎた頃から感じる女性がほとんど。

その原因は、加齢に伴い髪が細くなるのとキューティクルの強度が落ちる事にあるそう。

加齢と共にハリ・コシ不足に!

うねり髪が多発!

髪のうねりも実は頭皮の老化!
年齢と共に強くなるうねりの原因は、頭皮の乾燥や血行不足による毛穴のゆがみ・たるみが原因です。

また最近の研究では、通常脇毛や陰毛に存在するケラチン37というタンパク質がうねり毛に多く含まれている事が判明。
太さにバラツキがあるせいで表面が凸凹して、面が揃わなくなるのだとか。

ちらほら白髪がたちまち白髪に!

女性の平均発生年齢35歳と言われている白髪

白髪ができる原因は、メラニン色素が黒髪をつくれなくなる事。

そしてメラニン色素がつくられなくなる原因としては、加齢や遺伝、血行不良や栄養不足といった頭皮環境の悪化などがあります。

更に30代ではチラホラ程度の白髪が、40代に入ると急激に増えるのに伴って白髪染めの回数も多くなる傾向に。

しかも白髪染めに使用されている薬剤は非常に刺激が強い為、頭皮が炎症を起こしたり、抜け毛・薄毛の引き金になっているケースも!

40代から薄毛が進行!

30代でなんとなく感じていた髪のボリュームやハリ・コシ不足が、40代になると現実に!

それもその筈。
40代は30代と比べて、髪の毛の量が平均約20%前後減少すると言われているのです。

女性の薄毛は分け目から薄くなる

生え際から後退していく、或いは額や頭頂部から薄くなっていく男性の薄毛と異なり、女性の薄毛は分け目が目立つのが特徴。

更に薄毛が始まると細毛も進行してしまうので、地肌が透けるようなスカスカ感が目立ってしまうのです。

更年期を迎え、頭皮がおじさん化!?

更年期を迎えると女性ホルモンが減少する事で、男性ホルモンが優位になります。

そして女性ホルモンが分泌できないままだと、FAGA(女性男性型脱毛症)を発症する確立が高くなります。

肌と違って頭皮は自分の目で確認できない分、何のケアもせずに放置すると白髪や抜け毛・薄毛は進行するばかり!
先々後悔しない為にも1日でも早く頭皮ケアを始めるのが肝要です。

頭皮と髪の仕組みを知る

頭皮ケアが良いからといって、やみくもにやってしまうと間違ったケアに繋がる可能性があります。

正しい頭皮ケアの為には、まず頭皮や髪の仕組みを知っておく事が大切です。

ここではそんな頭皮と髪の仕組みについて簡単にご説明します。

健康な髪を生み出すのは毛乳頭細胞

私達の髪を生み出しているのは、髪の根っこにある毛根部分。

そこにはヘアサイクルを統括する毛乳頭細胞が存在します。
そして日々の食事から得られる栄養素が、毛細血管を伝ってここへ運ばれてきます。

元気な髪を生み出すのは毛乳頭細胞

健康な髪が成長する為には十分な栄養はもとより、血行促進と共に毛乳頭細胞の働きを活性化させ、発毛促進因子の産生を高める必要があります。

白髪のメカニズム

髪の毛と色を作る「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」は休止期の間、毛包内のバルジ領域という部分に存在しています。

そしてそれぞれが細胞分裂することによって毛母に細胞の元が供給され、毛穴の底にある毛球部で毛髪を形成します。

髪が黒くなるのは、毛母細胞が毛髪をつくる過程で「メラノサイト」という色素形成細胞が働いて「メラニン色素」をつくり、着色されるためです。

バジル領域

逆に白髪の原因は次の2つがあります。

①メラノサイトが働く為に必要な「チロチシナーゼ」という酵素が減ってしまう
②バジル領域に留まっている間に幹細胞の核にあるDNAが何らかの損傷を受け、正常な細胞分裂が出来なくなってしまう

裏を返せば、バジル領域やメラノサイトの働きを活性化する事が出来れば、白髪の進行を遅らせる事は可能という事になります。

抜け毛・薄毛のメカニズム

私達の髪の毛は、生えては抜けるといったヘアサイクル(毛周期)を繰り返しています。

下のイラストは毛母細胞でつくられた髪が、成長→脱毛→新生を繰り返すヘアサイクルを示したもの。

太く強い毛が育つ成長期は3~7年、退行期は約2週間、休止期は約3ヶ月です。

ヘアサイクル

女性の抜け毛・薄毛の特徴

成長期が短くなる男性型脱毛と比べ、女性の脱毛は休止期が延びて髪の毛の本数が減る慢性休止期脱毛です。

つまり休止期が異常に長くなることで、新しく生えてくる筈の髪の成長が鈍化。
結果、抜け毛ばかりが目立ってしまうというワケです。

こうしたヘアサイクルの乱れには、加齢や頭皮環境の悪化、ホルモンバランスの乱れや血行不良などが起因しています。

よって髪の成長には頭皮環境を整えて、正常なヘアサイクルを回復させる事が肝心です。

但し、女性ホルモンの減少に伴い男性ホルモンが優位になる事に起因して、FAGA(女性男性型脱毛症)を発症するケースもあります。

女性ににおすすめの頭皮ケアの方法

自分の頭皮や髪の状態、そしてその仕組みが分かったところで、いよいよ具体的な頭皮ケアについてご紹介していきます!

女性の頭皮ケアとして効果のあるものばかりなので、是非参考にしてみて下さいね。

シャンプーで頭皮ケア

スキンケアの基本がクレンジングや洗顔にあるように、頭皮ケアの基本はシャンプーにあります。

だからこそ、頭皮ケアにおいてシャンプー選びは最も重要なステップだと言えます。

特に女性の場合はスキンケアと同じく頭皮も加齢と共い皮脂分泌量が減り、乾燥しがち。
そこへ刺激の強いシャンプーを使い続けると、必要な皮脂まで洗い流してしまい炎症を起こしやすくなります。

頭皮を優しく洗うアミノ酸シャンプー

そこで、頭皮ケアシャンプーとしておすすめなのがアミノ酸シャンプー。

アミノ酸は私達の体や髪をつくっているタンパク質に近い成分です。
だから、頭皮にダメージを与えること無く優しく汚れを落としてくれるのです。

シャンプーは洗い過ぎに注意!

シャンプーの目的は髪を洗うのでは無く、頭皮を洗う事です。
そして誤ったシャンプー方法は頭皮ケアどころか、逆に抜け毛や薄毛を招く原因になります。

特に女性に多いのが髪の毛の洗い過ぎです。

シャンプーでの洗い過ぎは、頭皮が乾燥してフケや痒みが出やすくなります。

同時に保護膜の役割を果たす皮脂を取り過ぎてしまい、かえって皮脂分泌が増え頭皮がベタつく要因に。

それが気持ち悪いからと更に洗ってしまう――という悪循環に陥ってしまいます。
これでは逆に抜け毛・薄毛の原因をつくってしまっているようなもの。

シャンプーは多くても1日1回に留めましょう。

また、ゴシゴシ強く擦るような洗髪方法やマッサージは、頭皮や髪へのダメージになってしまうので注意しましょう。

頭皮を洗いながら優しくほぐすコツ

シャンプーする際のポイントは、頭皮を洗う事と強い摩擦を避けること。

シャンプー液の使い過ぎ、すすぎ残しにも注意して頭皮を傷つけないように優しく洗いましょう。

①まずはブラッシング
乾いた髪を軽くブラッシングして、埃を落とします。

 

②シャンプーの前に予洗を
シャンプー前にお湯で素洗いする事で、髪の汚れは7割落ちると言われています。
泡立ちも良くなるので、シャンプー液の節約にも一役買います。

 

③シャンプー液をしっかり泡立てる
シャンプーは、洗面器で2~3倍のお湯で溶いてから泡立てると簡単に濃厚泡が出来ます。

 

④下から上に洗う
髪の流れとは逆に、下から上へが基本。
指を広げ耳から頭頂部に向かってジグザグに洗っていきます。

 

⑤生え際から頭頂部へ
生え際から頭頂部に向かって、頭皮を引き上げるようにジグザグに洗います。
つむじや生え際はしっかり洗いましょう。

 

⑥両サイドから全体へ
両サイドから指を入れ、大きくらせんを描くように頭皮を優しくほぐしながら全体を洗います。

 

⑦すすぎはしっかり
頭皮を意識して洗ったら、すすぎは念入りに。

 

オイルクレンジングもおすすめ!

疲れた頭皮を鎮静化・浄化するオイルを頭皮ケアに取り入れるのも効果的です。

湯船に浸かりながらオイル状美容液などを使って頭皮をマッサージ。
毛穴に詰まった汚れを優しく浮かせながら栄養を与えるのはもちろん、仕上がりの根元もふんわり立ち上がるのでボリュームアップにも効果的です。

頭皮マッサージで血行促進!

次におすすめの頭皮ケアは頭皮マッサージ!

頭皮マッサージには、頭皮の緊張をほぐして柔らくして、血流を良くする働きがあります。

血行が良くなる事で毛根に栄養が届きやすくなり、白髪や抜け毛・薄毛の予防に役立ちます。

簡単おすすめ頭皮マッサージ

①頭皮全体をマッサージ
手のひら全体で頭を包むようにして、10本の指の腹で頭皮をじっくりと揉む感覚でマッサージします。

 

②下から上へとマッサージ
生え際から頭頂部に向かって、また側頭部を下から上へ向かって揉みほぐしていきます。

 

③頭皮を前後に動かす
更に頭皮を前後に動かします。
頭皮の血行が良くなり、新陳代謝を促す効果があります。

 

頭皮マッサージ器をプラス!

頭皮マッサージの力加減が分からない
爪が長いから無理
疲れて面倒
etc

セルフマッサージに難アリという女性には、ヘッドマッサージツールがおすすめ。

プロのテクニックを再現したギアと育毛効果が期待できる頭皮マッサージ器なら、自宅でサロン気分も味わえます!

プロの手を借りて頭皮ケア!

最近特にストレスが溜まって、セルフケアも億劫…。
なんていう時には美容サロンのヘッドスパを利用するのもおすすめです。

自分ではなかなかチェックできない頭皮の状態に合わせたケアメニューが充実しているので、頭皮ケアと同時にカットやパーマまでトータルケアが可能。

特にプロの手による頭皮マッサージで深いリラックス効果を得る事ができるので、頭皮や髪にはもちろん精神的なリフレッシュにも効果的です。

濡れた髪はすぐに乾かす!

シャンプーをした後、濡れたままの髪を放置するのは、頭皮環境を乱す原因になります。

頭皮には常在菌がありますが、濡れたままだとその数を増加させてしまい、かゆみやフケ誘発します。

また濡れた髪はキューティクルが開いたままなので刺激を受けやすく、髪の毛が傷む原因にもなります。

中にはタオルドライだけで後は自然乾燥という女性もいますが、これは頭皮や髪にとってもNG!

自然乾燥している内に頭皮や髪から必要以上の水分が失われてしまい、頭皮の乾燥や髪のパサつきを招きます。

夏場は蒸れて汗や皮脂と混ざる事で雑菌が繁殖して、ニオイや痒みに繋がる事も。

よって、シャンプーの後はタオルドライをした後、ドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。

頭皮ローションや育毛剤で頭皮ケア

シミ・シワ・たるみといった肌のエイジングには、専用の美容液やクリームでケアしますよね?

同じ様に頭皮ケアにも頭皮ローションや育毛剤によるエイジングケアが必要なのです。

鎮静タイプから血行促進タイプ、本格的な育毛まで、今の頭皮コンディションと危険レベルに合わせた頭皮ケアがおすすめです。

カラダの内から頭皮ケア!

頭皮や髪に直接アプローチする頭皮ケアも大切ですが、髪の老化を阻止するインナーケアも欠かせません!

頭皮ケアを意識した食生活

髪の毛は、数種類のアミノ酸からなる「ケラチン」というタンパク質で出来ています。
ですから、良質のアミノ酸やタンパク質を効率良く摂取することがとても大切です。

★頭皮ケアにおすすめのタンパク質
大豆製品、卵、魚類、牛乳、肉類など

 

★育毛を促すヨード
ワカメ、ひじきなどの海藻類

 

★血行促進・若返りのビタミンE
玄米、胚芽米、胡麻、ナッツ類etc

 

★頭皮の新陳代謝を促すビタミンB群
玄米、小麦胚芽米、米ぬか、豚の赤身、レバー、まぐろetc

 

但し、私達が口にした食物の栄養素は生命維持の為に優先的に使われていく為、十分に摂取していないと頭皮ケアまで行き届かない場合もあります。

なので食事だけでは不足する場合はサプリメントを活用して、バランス良く効果的に栄養素を補給しましょう。

一方、無理な食事制限等によるダイエットは栄養不足を招き、白髪・抜け毛・薄毛などを進行させてしまいます。

睡眠の質を上げて頭皮ケア

頭皮ケアに睡眠不足は論外!

何故なら、髪の成長を促す成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、入眠後最初に訪れるノンレム睡眠時。
更に毛母細胞の細胞分裂のピークが午後9時、髪が最も成長するのは午後10時から深夜2時頃と言われています。

これが「髪は夜つくられる」と言われる所以です。

正しい頭皮ケアの為には、遅くとも日付が変わる前にはベッドに入り、熟睡する為にも覚醒作用のあるスマホやPCのブルーライトを浴びない様に心掛けましょう。

ホルモンバランスを整える

40代を過ぎると分泌量が大幅に減少していく女性ホルモンは、髪だけでなく肌や体調、そしてメンタルにまで影響を及ぼします。

特に男性ホルモンが優位になる事で発症するFAGA(女性男性型脱毛症)を予防する為にも、大豆食品やサプリメントを活用しながらホルモンバランスを整える事が重要です。

酸化を防いで頭皮ケア

紫外線や大気汚染、ストレスや睡眠不足などによる、あらゆる老化の原因と言われる「酸化」。

私達の体には元々それに対抗する抗酸化力が備わっていますが、加齢と共に低下していきます。

頭皮の酸化を予防する為にも、食事やサプリメントでの酸化対策がおすすめです。

ストレスを解消して頭皮ケア

フケやかゆみ、白髪や抜け毛・薄毛といった頭皮トラブルやエイジングにはストレスも大きく関係しています。

過度なストレスは血行不良を招き、せっかくの頭皮ケアの効果も半減してしまいます。
適度な運動やバランスの取れた食事・睡眠を確保して、少しでもゆったりと過ごす時間をつくるようにしましょう。

特に女性の場合は更年期と重なると、イライラしたり怒りっぽくなったりとメンタル面も不安定になりがちです。
女性ホルモンの減少も影響している事から、気になる場合は更年期外来を受診するのもおすすめです。

正しい頭皮ケアで美髪生活

正しい頭皮ケアで美髪生活

今回は女性におすすめの頭皮ケアについて、今日から始められる効果的な方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

頭皮年齢が若く健康であれば、白髪や抜け毛・薄毛の進行に歯止めをかけ、強く太い新たな髪を育むことは十分可能です。

数年後、スカスカの薄毛に泣かない為に、今すぐ本気の頭皮ケアを始めましょう♪