女性の育毛シャンプーは頭皮症状で選ぶ!おすすめスカルプシャンプー5選

女性の育毛シャンプーは頭皮症状で選ぶべき!おすすめスカルプシャンプー

女性の抜け毛・薄毛対策に!育毛シャンプーの選び方とは?

抜け毛・薄毛対策として、育毛(スカルプ)シャンプーを検討中の女性の皆さんへ。

育毛(スカルプ)シャンプーと普通のシャンプーとの違いをご存知ですか?
このことを理解するには、育毛と発毛の違いについて知っておく必要があります。

また、育毛(スカルプ)シャンプーは、フケ・かゆみ・乾燥・べたつきといった頭皮の症状や、目的に合わせて選ぶ事が大切です。
誤ったシャンプーを選んでしまうと、症状を悪化させてしまうばかりか、思うような効果を得ることはできません。

このページを読めば、きっと自分にあった育毛(スカルプ)シャンプーを選ぶことが出来るようになりますよ!

flegrow_icon
今すぐおすすめの育毛シャンプーを知りたい!という方は、下記バナーをクリックしてして下さい!

育毛と発毛の違い

まず最初に、「育毛」と「発毛」の違いについて解説していきたいと思います。

先におすすめを見たい方は、【症状別のおすすめ育毛(スカルプ)シャンプー】をご覧下さい♪

育毛と発毛の違い

「育毛」「発毛」という言葉は、ヘアケア製品のCMなどでよく聞かれますよね。

しかし、これらの違いは何なのかよく分からないという人は多いはずです。

両者の決定的な違いは、読んで字のごとく「毛を育てる」か「毛を生やすか」です!

育毛とは?

「育毛」とは、今生えている髪の毛を丈夫に育てる事です。

その為には頭皮の状態を正常にし、髪が育ちやすい頭皮環境を作ることが大切になってきます。

よって「育毛剤」とは、乾燥・フケ・かゆみといった頭皮トラブルを予防し、すでに生えている毛をより健康に育てることを目的としています。

発毛とは?

一方の「発毛」とは、新たに髪の毛を生やす事を目的としています。

私達の髪の毛には、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルが存在します。

しかし、このヘアサイクルが何らかの理由により乱れ、休止期が長くなる事で脱毛状態になります。

そのヘアサイクル(毛周期)を整えるべく、発毛の司令塔である毛母細胞を活性化して、再び毛が生えてくることを目指すことです。

ちなみに、発毛はゼロから髪を増やすことを言いますが、育毛は毛穴から抜けてしまった毛を生やすことではありません。
そのため、「育毛剤」と「発毛剤」とでは、頭皮に作用する働きが違うことが分かります。

育毛剤と育毛シャンプーとの違い

育毛剤と育毛シャンプーの違い

では、「育毛剤」と「育毛シャンプー」との違いは何でしょうか。

育毛剤と育毛シャンプーは、似ているようで実は以下のようにその役割が異なります。

育毛剤は美容液

先述の通り、育毛剤は「丈夫な髪の毛を育てる頭皮環境をつくる」為に使用するものです。

スキンケアに例えるなら、美容液にあたります。

★育毛剤の役割
*抜け毛予防
*育毛促進
*ヘアサイクル正常化

 

育毛シャンプーはクレンジング

育毛シャンプーは「髪の毛が育ちやすい頭皮環境を整える」為に使用します。

スキンケアで言えば、クレンジングにあたります。

その証拠に、クレンジングは必要な潤いは守り、不要な皮脂や汚れだけを落とす事が大切です。

★育毛シャンプーの役割
*低刺激で汚れを洗浄する
*フケ・かゆみの予防
*乾燥・べたつきの予防
*頭皮の様々な炎症予防

 

女性の抜け毛・薄毛対策には、育毛シャンプーと育毛剤のダブルケアが効果的です!

育毛(スカルプ)シャンプーの役割が分かった所で、次は普通のシャンプーとの違いを見ていきましょう。

育毛(スカルプ)シャンプーと普通のシャンプーの違い

育毛シャンプーと普通のシャンプーとの違い

髪や頭皮にトラブルを抱える女性に人気の「育毛(スカルプ)シャンプー」ですが、普通のシャンプーとの違いは何なのでしょうか?

ここでは、その違いについて解説していきます。

まず最初に普通のシャンプーから見ていきましょう。

市販されている多くのシャンプーは、石油系・アミノ酸系・石鹸系の3種類があります。
そして、それぞれの特徴は以下の通りです。

石油系シャンプー

石油系シャンプーとは、高級アルコールシャンプーとも呼ばれ、泡立ちがよく洗浄力が強いのが特徴。
ドラッグストア等で市販されているシャンプーの多くがこのタイプです。
ok
◎メリット

泡立ちが豊かで、手触りも良く、見た目も艶やかに仕上がります。

ng
×デメリット

洗浄力が強いため、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまい、頭皮の乾燥を悪化させます。

普通肌の人でも、必要以上に皮脂が奪われ、皮脂の過剰分泌を起こし頭皮がべたつくことがあります。

また、髪の毛のツヤを出すために配合されているシリコン系成分が頭皮を覆ってしまい、毛穴が塞がれて髪の毛の成長を妨げるとも言われます。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーとは、石鹸成分である脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムで作られたシャンプーです。

ok
◎メリット

低刺激ですが、洗浄力が強いのが特徴。
頭皮がべたつく人にはおすすめです。
また、天然原料で作られているので、生分解性が高く、環境を汚しません。

ng
×デメリット

洗浄力が強いので、皮脂が取れすぎて乾燥してしまいます。
また、アミノ酸シャンプーのように、頭皮や髪の栄養分になるような成分は配合されていないため、洗い上がりがきしみやすく、髪の手触りが悪くなります。
さらに、石鹸カスが残りやすいので、かなり丁寧にすすぎをしなくてはなりません。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、肌や髪の毛を構成しているたんぱく質の元であるアミノ酸からできているシャンプーです。

ok
◎メリット

アミノ酸は、頭皮に優しく肌や髪の毛の栄養分にもなります。
洗浄力も低刺激、頭皮に必要な皮脂を残して汚れを落としてくれるので、頭皮を正常な状態にしてくれます
育毛を考える人には、ぴったりのシャンプーです。

ng
×デメリット

洗浄力が弱いため、脂性肌の人が使うと汚れが落ちにくい場合があります。

育毛(スカルプ)シャンプー

育毛(スカルプ)シャンプーとは、メーカーによって異なりますが、低刺激のアミノ酸系が多く、頭皮改善や育毛に効果的な成分が配合されています。

ok
◎メリット

洗浄力が穏やかなアミノ酸系なので、刺激を与えず頭皮の汚れだけを落とす事ができます。

フケやかゆみ、抜け毛・薄毛など頭皮にトラブルを抱えている人に効果的です。

配合成分によっては毛穴の汚れをしっかりと落としてくれるものもあるので、頭皮の状態によって選ぶことができます。

ng
×デメリット

処方にこだわっているため、普通のシャンプーよりも値段が高くなります。

また、抜け毛や薄毛の予防対策としては期待出来ますが、既に抜け落ちてしまった毛穴から新たな髪を生やすには期待できません。

「治療」を目的とする場合には専門クリニックを受診する事をおすすめします。

 

以上のように、アミノ酸系以外のシャンプーは洗浄力が高く、頭皮を乾燥させてしまう事が分かります。

特に頭皮トラブルを抱えているにも関わらず、こうした刺激の強いシャンプーを使い続けると、症状を悪化させ抜け毛・薄毛の原因となります

よって、女性の抜け毛・薄毛対策として頭皮環境を改善するには、育毛(スカルプ)シャンプーがおすすめです!

頭皮トラブル(フケ・かゆみ・乾燥・べたつき)の原因

頭皮トラブルの原因

フケやかゆみ、乾燥、べたつきなど、頭皮トラブルを抱えている女性は少なくありません。

でも何故このような頭皮トラブルが起きてしまうのでしょうか?
ここからは、次の頭皮症状毎にその原因を探っていきたいと思います。

  • ①フケの原因
  • ②かゆみの原因
  • ③乾燥の原因
  • ④べたつきの原因

 

①フケの原因

ふけの原因

頭皮トラブルの中でも、一番多いと言われている「フケ」
髪の分け目に見えたり、肩に付いていたりすると不潔な感じがしてしまいますよね。

フケは、頭皮の角質が古くなり剥がれたものです。

私達の頭皮はターンオーバーを繰り返し、皮膚の再生のために古い角質が剥がれ落ちます。
正常であれば、剥がれ落ちる角質は目に見えないくらい小さいものです。

しかし、何らかの理由で頭皮環境が悪化し、ターンオーバーが早まると、未熟なまま肌の角質が大きく剥がれて目立ってしまうのです。

マセラチア菌の異常繁殖

頭皮には元々、「皮脂」と常在菌である「マセラチア菌」が存在します。

所が、不摂生をしていたり食事の栄養バランスが乱れると、皮脂が過剰分泌し、皮脂をエサとしているマセラチア菌が異常繁殖します。

繁殖したマセラチア菌は肌にダメージを与える脂肪酸を出すため、これによりターンオーバーを乱し、フケを出してしまうのです。

②かゆみの原因

頭皮の痒みの原因

我慢できなくて掻きむしってしまう「かゆみ」は、とても不快な症状ですよね。

どうして頭皮にかゆみが起きてしまうのでしょうか、原因は5つあります。

  • 洗髪時のすすぎ残し
  • 頭皮への刺激
  • 皮脂の過剰分泌
  • 菌の繁殖
  • 乾燥

 

洗髪時のすすぎ残し

頭皮にシャンプーやコンディショナーの成分が残っていると、それが刺激となって炎症を起こします。

特にシャンプーに使用されている合成界面活性剤は、洗浄力が強い分そのダメージは大きくなります。

よって、シャンプーはしっかりと洗い流し、コンディショナーは頭皮を避けて髪の毛の毛先から半分位までに塗布する事が大切です。

もちろん、シャンプーそのものを見直す事も有効です。

頭皮への刺激

カラーリングや白髪染め、パーマ液などに配合されている薬剤は、非常に刺激が強く頭皮に負担を与えます。

中でも「ジアミンアレルギー」を発症する可能性が高くなる為、十分な注意が必要です。

頭皮に最もダメージを与えるセルフカラーを避け、美容室でのカラーリングやパーマの間隔を最低でも2ヶ月は空けた方がベターです。

※下記記事では、カラーやパーマが抜け毛の原因になる理由やジアミンアレルギーについて詳しく紹介しています♪

ヘアカラーやパーマは抜け毛が増える原因になりますか?
【Q.】ヘアカラーをしてから抜け毛が増えた気がします。パーマやカラーは、抜け毛が増える原因になりますか?【A.】強い薬剤を使うヘアカラーやパーマは、抜け毛の原因...

 

ジアミンアレルギーで頭皮がかぶれる!?症状と治療法は?安全な白髪染めってあるの?
白髪対策として欠かせない白髪染めですが、この手軽に白髪を染めるヘアカラー剤でアレルギーになってしまうのをご存じでしょうか。今まで白髪染めをしていて、頭皮がピ...

 

また、整髪料も頭皮の毛穴に入り込み、頭皮環境を悪化させる要因になるので、洗い残しの無いようにしっかりと落とすようにしましょう。

皮脂の過剰分泌

皮脂は、ストレスを感じたり脂質の多い食生活をすることによって過剰分泌されます。

過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせ、老廃物の排出を妨げます。

それによって、残った皮脂は頭皮を刺激する過酸化脂質へと変化し、炎症を起こすというワケです。

また、酸化した皮脂は頭皮の不快な臭いの原因にもなります。

脂物に偏った食生活を改め、出来るだけストレスを溜め込まないようにしましょう。

皮脂の過剰分泌

菌の繁殖

既に「フケの原因」の所でも触れた通り、皮脂が過剰分泌されると皮脂をエサとするマセラチア菌などが繁殖します。

マセラチア菌は、皮脂を分解するときに脂肪酸を発生させる為、頭皮に刺激を与えて炎症を起こします。

「フケとかゆみ」が同時に起こるのは、このためです。

乾燥

頭皮が乾燥すると、肌を保護するバリア機能が低下し、少しの刺激にも敏感になりかゆみを起こします。

熱いお湯での洗髪過度な洗髪などは頭皮に必要な皮脂を落としてしまいます。

また、ドライヤーで頭皮を乾かしすぎると乾燥しやすくなります。

その他、しらみ水虫の感染、フケを大量に出す乾癬(かんせん)アトピーなど病気によりかゆみが引き起こされているケースがあります。

育毛剤やシャンプーなどで頭皮トラブルを改善しても治らない場合は、皮膚科を受診する事をおすすめします。

③頭皮が乾燥する原因

頭皮が乾燥する原因

肌と同じく、乾燥はあらゆる頭皮トラブルの引き金になっていると言っても過言ではありません。

そんな頭皮の乾燥の原因には次の5つが挙げられます。

  • 内外の温度差
  • 過度なシャンプー
  • 過度なブラッシング
  • 過度なドライヤー
  • 紫外線による刺激

 

内外の温度差が激しい

冬や夏など、エアコンや暖房を付けている室内と外との温度は著しく違います。
頭皮が汗をかく、冷やすなどを繰り返していくと乾燥してしまうのです。

また、暖房の使用により部屋の湿度が低下し、頭皮の水分が奪われてしまう事も頭皮の乾燥に繋がります。

過度なシャンプー

頭皮をきれいにしようとして、1日に何度もシャンプーをする人がいます。
しかし、シャンプーは1日1回で十分です。

過度なシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで奪い、乾燥を招きます。

また、シャンプーをする時は熱いお湯を使わず、40℃以下のゆるま湯を使うと、余計な皮脂を奪わずにすすげます。

過度なブラッシング

ブラシの先が乾燥した頭皮に当たると、角質層に刺激を与えフケが出てしまいます。

ブラッシングの際には頭皮になるべく刺激を与えないように、スタイリング時やホコリを払うくらいの時だけに使用をしましょう。

過度なブラッシングやドライヤー

過度なドライヤー

ドライヤーの当て過ぎも頭皮の乾燥を招きます。

ドライヤーを使用する時は、頭皮や髪から最低15cm以上離す事。

そして同じ箇所に当て続けず、ドライヤーを振りながら乾かしていくのがポイントです。

紫外線の刺激

肌と同じ様に、頭皮も紫外線を浴びると日焼けしてダメージを受けます。

頭皮を紫外線から守るには、日焼け止めスプレー日傘がおすすめ。

また、髪の分け目も毎日変えることで、同じ部分へのダメージを防ぎます。

④べたつきの原因

頭皮は毎日1~2gの皮脂を作っています。
髪がべたつくのは、この皮脂が必要以上に分泌されているからに他なりません。

そしてその原因は、肌と同じく「乾燥」です。

洗浄力の強いシャンプーやすすぎ残し、髪の洗い過ぎなどによって乾燥した頭皮は、それを防ぐ為に余計に皮脂を分泌しようとするからです。

べたつきが気になるからと言って、過度な洗髪は更に乾燥を招き、よりべたつくといった悪循環に陥りがちです。

そうならない為にも、まずはシャンプーを見直してみましょう。

症状別のおすすめ育毛(スカルプ)シャンプー

おすすめ育毛シャンプー

女性の抜け毛・薄毛対策といっても、頭皮トラブルの症状はフケやかゆみ、乾燥、べたつきなど様々です。

同時に、白髪やうねり髪など、加齢に伴う髪悩みも一緒にケアしたい場合もありますよね。

よって、育毛(スカルプ)シャンプーを選ぶ際には、個々の頭皮症状に適したシャンプーをチョイスする事が大切です。

ここでは、その中でも特におすすめの症状別育毛(スカルプ)シャンプーをご紹介します!

自分の悩みに合ったシャンプーを見つけるための、参考にしてみてください。

抜け毛+白髪におすすめのスカルプシャンプー!

*haru黒髪スカルププロシャンプー

haru黒髪スカルプシャンプー
haru黒髪スカルププロシャンプー
400ml
通常価格:3,600円(税別)
→定期コース特別価格:50%オフ2,880円(税別)
※送料無料

「haru黒髪スカルプシャンプー」は、ヘアケア専用サロンのオーナーで長谷川浩美氏が責任監修したエイジングケアシャンプーです。

お客様満足度95.6%、販売実績100万本突破と非常に人気の高い製品です。

100%天然由来成分と、シリコンや合成ポリマー、界面活性剤など10種類の不要な添加物を無添加で効果と優しさ両方を実感できます。

天然の精油が髪を補修・保護し、リンスやコンディショナー不要でもするりとキレイにまとまります!

また、メラニン・メラノサイトに働きかけるヘマチンや、頭皮サイクルに働きかけるキャピキシルを配合。

白髪を美しい黒髪に変えるサポートをし、見た目年齢マイナス5歳を実現してくれます。

【成分】天然由来成分100%、無添加、ノンシリコン

抜け毛+頭皮のかゆみにおすすめのスカルプシャンプー

★ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー
ハーブガーデン
シャンプー300ml
コンディショナー300g

セット通常価格:8,000円(税別)
→特別価格:50%オフ4,000円(税別)
※送料無料

「ハーブガーデンシャンプー」は、頭皮と髪の専門家である東大博士号取得の博士が開発した、話題のボタニカルシャンプーです。

使用感満足度90%、大手通販サイトや多くの有名女性雑誌のシャンプー部門で1位を獲得するなど、非常に評価の高い事でも知られています。

南阿蘇産オーガニックハーブウォーターを元に、38種類の植物成分やエコサート認定オーガニック成分、保湿成分など配合。

もちろん、シリコンや石油系界面活性剤などは一切不要の無添加。

自然の力を使った洗浄・補修・保湿・栄養補給で、気になる頭皮のかゆみやフケといった症状を軽減し、ツヤのある健康的な美髪を取り戻します。

さらに、アロマセラピーアドバイザーが調合したアロマで、癒しやリフレッシュ効果も抜群です!

【成分】天然由来成分100%、無添加、ノンシリコンアミノ酸シャンプー

抜け毛+頭皮のベタツキにおすすめのスカルプシャンプー

*CA101シャンプー

ca101
CA101
シャンプー200ml
コンディショナー200g

セット通常価格:5,600円(税別)
→特別価格:40%オフ3,360円(税別)
※送料無料

「CA101」は、美髪アドバイザー田村マナの経験をもとに開発されたヘアケアブランドです。

その中のCA101シャンプーは、多くの女性誌でも取り上げられ、頭皮のべたつき・薄毛・抜け毛に悩む女性に人気があります。

リピート率96%、累計販売50万本をと突破している実力派です。

海泥や薬用炭を配合、毛穴の汚れを取り除き、特殊製法の液体酵素で古い角質をマイルドに落として清潔な頭皮へと導きます。

また、36種類の天然植物エキスが栄養を与えて、うるおい溢れる髪の毛と頭皮を実現します。

【成分】海泥・炭・液体酵素・植物エキス36種類、ノンシリコン

抜け毛+うねり髪におすすめのスカルプシャンプー

*マイナチュレシャンプー

マイナチュレシャンプー
マイナチュレ
シャンプー200ml
コンディショナー200g

セット通常価格:6,720円(税別)
→特別価格:23%オフ5,768円(税別)
※送料無料
※14日間全額返金保証付

「マイナチュレ」シャンプーは、毛髪診断士である高橋綾さんと美容師が開発したアミノ酸系シャンプーです。

モンドセレクション金賞を4回受賞した高品質で、累計販売85万本を突破している人気商品です。

肌に優しい無添加で、セイヨウノコギリエキスやラベンダーエキスなど8種類のオーガニック成分の他、28種類もの植物成分を配合して、頭皮の環境を整えます。

また、炎症を抑えるアラントインやエイジングケア成分のフラーレンなどを配合、若々しい髪の毛を取り戻します。

洗い上がりの髪のまとまりもよく、うねりが気になる人にもおすすめです。

【成分】8種類のオーガニック成分・28種類の植物成分・アミノ酸系ノンシリコンシャンプー

抜け毛+乾燥ダメージにおすすめのスカルプシャンプー

*リマーユシャンプー

リマーユシャンプー
リマーユ
シャンプー250ml
コンディショナー200g

販売価格:4,968円(税込)
※送料無料
※コンディショナー1本プレゼント付

「リマーユ」とは製薬会社リバテープが開発した、馬油配合のアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系洗浄剤を使用しているので、皮脂を取り過ぎず、頭皮にダメージを与えることなく洗浄できます。
また、馬油を配合し、抜群の浸透力で頭皮の血行をよくし栄養を行きわたらせます。

保湿力も高く、乾燥を改善して、ツヤやコシを与えます。
グリチルリチン酸2Kやセンブリエキス、ハトムギ種子エキスなどの植物成分を配合し、髪や頭皮のダメージを修復し健康に導きます。

もちろんパラペンや香料など添加物も無添加、柑橘系の香りで爽やかに使用できます。

【成分】馬油、植物由来成分、無添加、アミノ酸系シャンプー

まとめ

女性の育毛シャンプーは頭皮症状で選ぶべき!まとめ

頭皮は土壌、髪の毛はそこから育って行く植物のようなもの。

つまり土壌となる頭皮環境が悪ければ、健康な髪の毛は育ちません。

その手助けをするのが、今回ご紹介した育毛(スカルプ)シャンプーです。

育毛(スカルプ)シャンプーは、「元気な髪の毛が育つ頭皮環境を整える」為に使うシャンプーです。

そして、自分に合った育毛(スカルプ)シャンプーの選び方のポイントは次の2点。

☑自分の頭皮症状に合わせて選ぶ
☑目的によって選ぶ

日々の育毛(スカルプ)シャンプーで、健康な頭皮と髪を目指しましょう♪