20代女性の薄毛の原因と対策★抜け毛・薄毛は改善・予防できるの?

女性の抜け毛・薄毛の原因とホルモンバランスの関係2

20代女性の抜け毛・薄毛の原因と対策

元々抜け毛・薄毛に悩む女性の年代は、40代・50代のいわゆる「更年期」がターニングポイントでした。

それが今では、20代でも抜け毛・薄毛に悩む若い女性が増えています

40代・50代の女性の場合、抜け毛・薄毛の原因は「加齢」によるものですが、20代女性の抜け毛・薄毛は様々な原因やきっかけによって引き起こされる可能性があります。

今回はそんな20代女性の抜け毛・薄毛の原因と対策についてお伝えします。

20代女性の抜け毛・薄毛の原因は?

20代の若い女性の抜け毛・薄毛には、ヘアケアホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

そしてその背景には、誤ったヘアケアによる頭皮トラブル、ストレス・睡眠不足・食生活・喫煙・飲酒といった生活習慣から、甲状腺機能障害や貧血等の病気によるものなどが複雑に絡んでいます。

ここからは20代女性の薄毛の原因を次の10項目に分けて紹介していきます。

①誤ったヘアケア
②過度のダイエット
③偏った食生活
④睡眠不足
⑤喫煙
⑥飲酒
⑦産後の抜け毛
⑧卵巣機能の低下
⑨病気によるもの
⑩トリコチロマニア(抜毛症)
 

20代薄毛の原因と対策①誤ったヘアケア

誤ったヘアケア

20代の女性で多く見られるのが、誤ったヘアケアによる頭皮トラブルが結果的に抜け毛・薄毛に繋がっているケースです。

20代女性に多い頭皮トラブル

脂漏性皮膚炎

毛穴まわりのフケ、脂から起こる細菌性の炎症。

皮脂が過剰分泌されることで皮脂を好む真菌であるマセラチア菌が異常繁殖してしまい、頭皮がベタつく、フケやかゆみといった症状が出ます。

刺激の強いシャンプーによる洗い過ぎやすすぎ残し、ストレスやビタミンB不足、生活習慣の乱れ等が原因となって引き起こされます。

接触性皮膚炎

シャンプー&トリートメント、カラーリングやパーマ等が合わずに頭皮トラブルの原因になっているケース。

湿疹やかぶれ、かゆみや痛みを伴う場合もあります。

誤ったヘアケア剤の使用

頭皮環境を悪化させてしまう原因と言えるのが、誤ったシャンプー&コンディショナー、カラーリング等のヘアケア剤。

頭皮に刺激の強いシャンプーやカラー剤を使っていると、頭皮の乾燥を招きます。

そして頭皮の乾燥はフケやかゆみといった頭皮トラブルを引き起こすばかりか、これから生えてくる髪にもダメージを与えてしまいます。

このように頭皮環境の悪化は、抜け毛・薄毛・白髪を進行させる原因になります。

刺激が強い洗浄成分

市販されている多くのシャンプーに配合されているのが洗浄力の強い硫酸系界面活性剤。
これらは本来頭皮に必要な水分や脂分まで洗い流してしまう為、頭皮の乾燥やトラブルにつながる可能性が高い洗浄成分です。

頭皮頭髪に少しでも違和感があれば、出来るだけ避けるようにしましょう。

*ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸Naは、粒子が細かい硫酸系界面活性剤です。
頭皮や髪の毛に付着した埃や皮脂を強力にすすぎ落とす分、頭皮や毛髪への刺激は避けられません。

特に分子が細かいので浸透性が高く、皮脂どころか頭皮を正常に保つ為の常在菌まで殺してしまう程の洗浄力を持っています。

*ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naは、安価で高い洗浄能力を持っている為、市販されている多くのシャンプーに使用されています。
ラウリル硫酸Naと比べると洗浄力は弱く、粒子も大きく浸透しにくいものの、頭皮に必要な皮脂を奪ってしまう事に変わりはありません。

低刺激のヘアケア剤を選ぶ

なるべく低刺激のシャンプーやカラー剤を選ぶと同時に、頭皮を傷つけない正しいヘアケアをマスターする事が大切です。

女性の薄毛対策に効く!おすすめシャンプーランキングと選び方
女性の薄毛対策は毎日のシャンプーから!「シャンプーやブラッシングする度に抜け毛が気になる」「分け目や頭頂部が薄くなってきた気がする」など、薄毛・抜け毛が気に...

20代薄毛の原因と対策②過度のダイエット

20代薄毛の原因と対策②過度のダイエット

20代女性の薄毛の原因として不適切なダイエットがあげられます。

私達人間の髪の毛は皮膚の最も外側の層・最外層にあたります。
そして私達の体は心臓や脳といった生命維持に重要な臓器から先に栄養を吸収するようにできています。

つまり行きすぎた食事制限によるダイエットによって、頭皮にまで栄養が運ばれてこなくなるワケです。

そうなると髪は成長する事ができないので、髪が伸びない・細くなるといった状態に陥ります。

更には抜け毛へと進行し、結果として薄毛だけでなく貧血等の病気を引き起こす可能性が高まります。

20代薄毛の原因と対策③偏った食生活

20代といえば、進学や就職で独り暮らしを始める女性も多いと思います。
そうなると真っ先に乱れやすいのが食生活。
心当たりのある女性も多いのではないでしょうか。

私達の体は細胞から出来ていて、その細胞は毎日の食事から作られています。

そして髪の毛の9割以上を構成しているタンパク質はアミノ酸が集まってできたものです。

つまり必須アミノ酸の不足はもちろん、食事を抜いたり偏った食生活が続くと髪の毛を形成する毛根部に十分な栄養が届かなくなり、抜け毛・薄毛の原因となります。

20代薄毛の原因と対策③偏った食生活

薄毛対策として必要な栄養素

タンパク質

タンパク質には植物性タンパク質と動物性タンパク質があります。
両方を摂る事で必須アミノ酸をバランスよく摂取することができます。

★植物性たんぱく質:魚、肉、乳製品 など
★動物性たんぱく質:納豆、豆腐、大豆 など

ミネラル類

タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素の代謝などに欠かせない微量栄養素。

★亜鉛
髪の原料となるタンパク質の代謝に不可欠。
不足すると毛母細胞を含む全ての細胞分裂がスムーズに進まない。

★鉄
不足すると皮膚の粘膜にとってマイナス=髪の毛にとっても同様。

抗酸化成分

代表的な抗酸化ビタミン:β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE

トマト(リコピン)、緑茶(カテキン)、ベリー類(アントシアニン)、大豆(イソフラボン)、ゴマ(ゴマリグナン)

ビタミン類

抗酸化ビタミンの他、髪に重要なのがビタミンB群です。

★ビタミンB1・B6:タンパク質の代謝に欠かせません。

★ビタミンB2:「発育のビタミン」と言われ、髪の細胞の再生をサポートします。

★ビオチン(ビタミンH):エネルギー代謝を促します。

20代薄毛の原因と対策④睡眠不足

睡眠不足

20代は仕事で遅くなったり、つい遅くまで夜遊びしたりと慢性的な睡眠不足に陥りがちです。

睡眠不足が続くと頭皮の血流不足を招き、毛母細胞の細胞分裂が低下する事で髪の成長を妨げ、抜け毛・薄毛につながります。

しかも髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンは睡眠時に分泌される為、睡眠不足=成長ホルモン不足状態になり、更に薄毛を進行させてしまいます。

よって、薄毛予防には質の良い睡眠を確保する事が大切です。

睡眠の中でも重要なのはノンレム睡眠の時。

特に入眠後最初に訪れるノンレム睡眠時に、髪の成長に必要なホルモン・エストロゲンが最も多く分泌されます。

そして髪が最も成長するのは肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時頃と言われています。
入眠が遅くなればなるほどノンレム睡眠が取りにくくなる為、出来るだけ日付が変わる前にはベッドに入るのがベター。

必要な睡眠時間には個人差がありますが、6時間~8時間の睡眠時間確保を目指しましょう。

20代薄毛の原因と対策⑤喫煙

煙草は偏食や睡眠不足に並ぶ、髪に悪影響を及ぼす一因です。

煙草に含まれるニコチンやタールは、毛細血管を収縮させ末梢の血流を悪化させる事が分かっています。

そうなると当然頭皮への血行不良へとつながるので、抜け毛・薄毛の原因となります。

また喫煙はメラノサイトを活性化するビタミンB12を破壊する為、白髪の原因にもなります。

このように喫煙は抜け毛・薄毛・白髪といった頭皮頭髪トラブルを招くだけでなく、様々な疾患による死亡率を高めます。

20代薄毛の原因と対策⑥飲酒

飲酒

「お酒は20歳になってから」
お酒を飲む機会が増える20代ですが、飲み過ぎると抜け毛・薄毛の原因になる事をご存知ですか?

煙草はなんとなく分かっていてもアルコールが抜け毛・薄毛に関係するなんて意外に思われるかもしれません。

でもアルコールの飲み過ぎが肝機能を悪化させる事はよく知られていますよね。

肝臓は髪の成長に欠かせないタンパク質を分泌する臓器です。

つまり肝臓の働きが悪くなると髪に必要なタンパク質が不足して、髪が十分に成長できないまま抜け毛・薄毛へと進行してしまいます。

また、アルコールを分解する際には大量のビタミンB2を必要とします。

ビタミンB2が不足すると皮膚の代謝が上手く機能しなくなり、抜け毛・薄毛につながる可能性があります

20代薄毛の原因と対策⑦産後の抜け毛

産後の抜け毛

女性の抜け毛の内、最も多いのが産後の抜け毛です。

妊娠中は出産準備の為に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)等の女性ホルモンの分泌が増加します。
すると髪の成長期が維持される為、抜け毛が少なくなります。

しかし出産後はホルモンバランスが通常の状態に戻る為、成長期がキープされていた髪の毛が一斉に休止期に入ってしまうのです。

この為、産後は一時的に抜け毛が多くなります。

通常は半年から1年位で回復しますが、高齢出産の為加齢による頭皮のエイジングが重なっていたり、産後のストレスや体調不良等が原因で長引いたりして薄毛に進行するケースもあります。

いつまでも改善しない場合は、医師に相談する事をオススメします。

産後の抜け毛がひどい!原因と対策は?
「産後の抜け毛が気になる」「産後の抜け毛っていつまで続くの?」「こんなに抜けるなんて病気じゃない?」「産後の抜け毛対策にはどんなことをしたら良いの?」etc多く...

20代薄毛の原因と対策⑧卵巣機能の低下

20代薄毛の原因と対策⑧卵巣機能の低下

卵巣機能の低下も脱毛・薄毛の原因になります。

その証拠にここ最近20代の女性で増加していると言われているのが「卵巣機能低下症」「若年性更年期障害」

女性ホルモンの減少、男性ホルモンの影響が強まる事などから、脱毛・薄毛に繋がります。

卵巣機能低下症とは

卵巣からは、月経周期にかかわる2種類の女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されています。
この2つのホルモンは交互に分泌されることで毎月の月経周期を調整しているのです。

卵巣機能低下症とは、この二つの女性ホルモンのバランスが乱れることで、月経周期の乱れや排卵障害が引き起こされている状態のことです。

卵巣機能が低下すると、次のような症状が出る場合があります。

・生理不順
・無月経
・不正出血

中でも90日以上月経が来ない「無月経」や、生理がきても排卵されていない「無排卵」は、不妊症に繋がる可能性があります。

若年性更年期障害とは

更年期障害とは45歳から55歳を中心としたいわゆる「更年期」という時期に訪れるホルモンバランスの乱れに起因した様々な不調を指します。

そして「若年性更年期障害」とは、その名の通り更年期よりもずっと前の20代や30代で同じ症状が起こる事です。
本来であれば正常に機能している筈の卵巣機能が低下し、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少、ホルモンバランスが乱れる事が原因です。

更に普段はエストロゲンによって抑制されている男性ホルモン・テストステロンが大頭してくる事も、抜け毛・薄毛を誘発。
「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれる脱毛症へ進行する可能性があります。

症状としてはイライラや疲労感、のぼせ、動悸、頭痛、めまいなどの更年期障害に似た症状が出ます。

このような症状がある場合は、婦人科医を受診して治療を優先しましょう。

女性の抜け毛・薄毛の原因とホルモンバランスの関係とは?
女性ホルモンと抜け毛・薄毛の関係女性の抜け毛や薄毛の原因のひとつに「ホルモンバランスの乱れ」があります。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロ...

20代薄毛の原因と対策⑨病気によるもの

急に抜け毛・薄毛が進行した場合は、病気が隠れているケースもあります。

中でも女性の薄毛の原因として多い病気は次の4つです。

①甲状腺の病気
②バセドウ病
③橋本病
④貧血

いずれの場合も、まずはその病気の診断と治療について担当医とよく相談の上、病気の治療を優先して行う事が大切です。

20代薄毛の原因と対策⑩トリコチロマニア(抜毛症)

「トリコチロマニア」とは、自分の髪の毛や眉毛等を無意識の内に自分で抜いてしまう機械的脱毛症を指します。

以前は小学生位迄の女児に多く見られる症例として知られていましたが、最近は思春期以降の20代の女性に増えていると言われています。

中には衝動的に抜くのを止められなくという女性もいますが、多くは無自覚のまま抜いてしまっているようです。

トリコチロマニア(抜毛症)の原因

トリコチロマニア(抜毛症)の原因は、ストレスから自分を守ろうとする防衛機制の表れだと言われています。

その原因やきっかけとなっている心理的な要因を紐解いていく事が必要となる為、心療クリニックと皮膚科の連携が必要になるケースもあります。

フレグロウアドバイス
管理人
「防衛機制」とは、無意識にストレスを解消する方法の事です。

 

20代の女性に多い円形脱毛症

円形脱毛症は、その病名の通りコイン状の脱毛が起きる病気です。
中でも20代の女性が最も多く、患者数は男性よりも女性の方が約1.5倍も多いと言われています。

脱毛サイズは1センチ程度の小さいものから数センチに及ぶものまで様々です。

また1ヵ所だけでなく多発する場合もあり、眉毛や脇毛といった髪の毛以外の部分まで発生する事もあります。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症は次の4タイプに大別されます。

円形脱毛症のタイプ 特徴
通常型 単発型と多発型に分かれる
不整局面型 頭髪の生え際が帯状に脱毛する
全頭型 頭髪のほとんどが抜ける
汎発型 頭髪と一緒に全身の毛が抜ける

円形脱毛症の原因

「円形脱毛症=ストレス」というイメージが強いかと思いますが、円形脱毛症とストレスの因果関係を示す医学的なデータは今の所ありません。

但し、ストレスによる自律神経の乱れが血行不良を招き、頭皮環境を悪化させる事は分かっているので、ストレスが円形脱毛症を誘発するきっかけのひとつである事は否定できません。

円形脱毛症は自己免疫疾患!?

円形脱毛症の原因として最も有力なのが「自己免疫疾患」の一種であるというもの。

私達の体には、細菌やウイルスなど外敵の侵入から身を守る免疫力が備わっています。

その主な働きを担っているのがリンパ球です。

円形脱毛症はこのリンパ球が何らかの理由で、自分の体の一部である毛根を「外敵」「異物」と誤って攻撃してしまう事で髪の成長がストップしてしまうのです。

円形脱毛症の治療

円形脱毛症を見つけたら早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

どんな病気でも治療を始めるタイミングが早いほど、症状が改善する可能性が高くなります。

まとめ

まとめ

20代の若い女性の抜け毛・薄毛の原因は、40代・50代の更年期前後の女性と比べてとても複雑だという事がお分かり頂けたかと思います。

本来であれば20代は女性ホルモンの分泌がピークに達し、心身共に最も輝いている年代です。

でもだからこそ普段の生活習慣の差が肌や髪にも表れる年代でもあると言えます。

抜け毛・薄毛につながるリスクを可能な限りクリアにして、日々の生活の中で抜け毛・薄毛を予防しましょう♪